スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創価学会と覚醒剤

ある意味、覚せい剤宗教だなと思います。


今日は、(創価学会についての)この言葉にお答えしたいと思います。

覚醒剤…ですか。アッパー系ですね。
覚醒剤は日本人向きのドラッグだ、と考える人もいるようです。
そもそも、ドラッグはアッパー系とダウナー系があります。
アッパー系は、バリバリ系の薬。精神を高揚させます。
ダウナー系は、のんびり系の薬。精神の興奮を抑制します。

戦争が終わって、あるていど経済的に豊かになってきてからも、のんびり系の薬でなく、無理して働いたり、無理して遊んだりできるようになる、バリバリ系の薬が流行るのは、いかにも日本人らしいというわけです。

覚醒剤の助けで戦闘に臨む米軍兵士たち
第二次世界大戦、ベトナム戦争、湾岸戦争を通じて、
兵士たちに大量のアンフェタミンを配布し続けてきた米国防省は、
これは無害なだけでなく役に立つと主張して、
この習慣を変えようとしない。


覚醒剤について
まったく不思議なクスリである。
まるでこの社会が奨励する人間の資質は、
すべてこのクスリのなかに詰まっているんじゃないか、
と思えるほど要求に合ったものばかりを次々と生み出すのだ。
例えば、就職面接の時に要求される積極性、バイタリティ、快活さ
といった資質はこのクスリ一本ですべて身につくし、
受験勉強で要求される集中力・持続力も手に入る。
第2次世界大戦で各国軍に大々的に活用されたこのクスリは、
現代の戦争である受験戦争や就職戦線にも絶大な効果を発揮するし、
企業”戦士”などにも必需品となりうる。
やはりいつの時代でも、戦争には覚醒剤が合うらしい。
いや、戦争に限った話ではない。
日本の社会そのものが、覚醒剤を禁止しながら、
一方ではなぜか覚醒剤が生み出すような資質ばかりを
強く強く人々に要求してきた。そんな倒錯も、
このクスリを奇妙な位置に押し上げた原因のひとつだ。


創価学会の言葉
「仕事は三人前、信心は一人前」
まともにやると、過労死、過労自殺、うつ病などを誘発しそうです。
仕事がおろそかになりがちだったことから、
出た指導である面はあるとおもいますが、
日本以外ではなかなか通用しない言葉でしょう。

日本社会は、その構成員に無理なことを期待した。
ある人は、無理だとあきらめ、またある人は無理に答えようとした。
無理に答えようとしてとった方法は、やはり無理なものだった。
その答えとして、生まれ育ったもののひとつは、創価学会だった。
そういった面もあるのかも知れません。

しかし、あくまで一面であって、
そういった視点では、創価学会の一部しか説明できそうにありません。

さて、選挙の記事で一時中断しましたが、
創価学会と直系家族制シリーズはもう少し続きます。
注意事項

ねま

Author:ねま
注意事項
中傷行為や信仰賛美などは、コメントの禁止や削除したりします。
活動家の方へ : 読むと不快に感じる場合がありますので、読まないことをお勧めします。

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
Translation(自動翻訳) 縦型文字版
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。