スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュレーバー症例に見る、創価学会教育の落とし穴

創価学会の家庭においては、
しばしば、子供の自由意志が徹底的に否定され、
信仰の押し付けが、とても酷いものになることがある。
一方で、そうでない学会家庭もある。
この原因について、十九世紀ドイツにおける教育の例をあげて説明したい。

ドイツの哲学者、フィヒテは十九世紀の始めに行なった講演
「ドイツ国民に告ぐ」の一部で以下のように主張した。
「現在の教育の誤りは、生徒の自由意志を尊重していることにある。
あらたな教育においては、生徒の自由意志を完全に破壊しなければならない。」
と、明確に自由意志を否定しているんだ。
他にも、「真の人間たりうるのは、ドイツ人だけである。」とも主張し、
民族のための自己犠牲をも説くなど、選民思想的な面も見せている。

もちろん、
「真の人間たりうるのは、創価学会の会員だけである。」
「創価学会のための自己犠牲をも説くなど」
なんて置き換えると、お馴染みの主張になる。


さて、十九世紀の中頃には、ドイツの教育学者たちは、
フィヒテの原理に沿った子供の教育方法を論じた著作を発表するようになった。

その中のひとり、ライプチヒ大学の医学教授
ダニエル・ゴットリープ・モリッツ・シュレーバーは、
体操による教育の実践に関する本を出版している。

そして彼の息子は『ある神経病者の回想録』の著者、
ダニエル・パウル・シュレーバーだが、シュレーバーの兄は自殺していて、
ダニエル・パウル・シュレーバー本人は統合失調症となっている。
この事実からは不気味な印象を受ける。
シュレーバーの育った家庭はどんなものだったのか、
教育実践の本を出版するような、おそらく教育熱心だっただろう父親から、
受けた教育はどんなものだったのか。

これについては、魂の殺害者という本で詳しく説明されている。

魂の殺害者―教育における愛という名の迫害 同魚拓 
著者:モートン シャッツマン
内容説明
D・シュレーバーは、幼児期に父親の異常なしつけを受けて育った。
その幼児体験が大人になった彼を狂わせる。
子どもの心理に及ぼす親の教育の影響を鋭く分析した名著。

前袖より
彼の狂気の根源は、幼児期の厳格な父の教育にあった。
愛ゆえに子供を独裁し迫害してしまう教育熱心な親が、
子供の心理にどのような影響を及ぼしたのか。


また、反形而上学者という方の書評はこうだった。

本書で書かれている
シュレーバーが生まれてからされてきた教育には戦慄すら感じる。
これでは、誰でもオカシクなってしまうであろう。


医学的な問題であるので、
シュレーバー父がシュレーバー息子の精神疾患の原因である、
と断定してしまうことには慎重でありたいが、
とても無関係であるとは言えそうにない。

シュレーバー父の著作のひとつは40版を重ねていて、
影響力のある人だとみられる。
こういったことと、この時期のドイツ(プロイセン地域)で、
乳児死亡率(千人当たり)が大きく悪化していることから、
彼の教育法の犠牲者は息子たちだけではないと見ている人もいるようだ。

プロイセンでは、1816年-1820年期から 1871年-1875年期までで、
乳児死亡率が 168‰ から 224‰ に悪化する。
同時期、同じ直系家族のスウェーデンでは
176‰ から 134‰ へと健全に低下する。
出典: エマニュエル・トッド著『移民の運命』


ここで創価学会の話に戻ります。

創価学会の会員家庭には、
親(その他養育者)が、信仰の名において子供の自由意志を否定し、
その破壊を試みるケースがしばしばみられる。
(もちろんバリバリの活動で忙しく、子供が放置される場合もあるが。)

典型的な直系家族であれば、親は子の教育に熱心となるが、
日本人の直系家族の上に、創価学会の直系家族的考え方が上乗せされた場合、
その権威主義は病的なレベルにまで到達し、
家庭教育によって子供の精神を破壊することになりかねない。
直系家族社会において、さらなる権威主義の強化は危険なんだ。

もちろん極端に自由な教育も弊害があるだろう。
だが、本来的に権威主義である、直系家族社会にあっては、
権威主義の強化により、子供の自由意志の破壊され、
将来に渡る悪影響が残されることの方を、より警戒する必要があるだろう。

もちろん平等主義核家族絶対核家族などの自由主義の家庭であれば、
子供の自由意志が尊重されやすいので、こういった警戒をする必要性は薄い。
しかし、あいにく日本は直系家族制の国なんだ。

信仰のために子供を迫害し、魂の殺害者となってしまう親(その他養育者)。
このような、創価学会の家庭教育の落とし穴は、いつになったらふさがれるのか。

追記
エマニュエル・トッドはその著書「第三惑星」「世界の多様性」の中で、
『権威主義家族(直系家族)は、神経症を製造する機械なのである。』
と、はっきり語っている。

もし日本で権威主義家族(直系家族)が減少していけば、今回のような問題は減り、
また創価学会の衰退も招くのだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

注意事項

ねま

Author:ねま
注意事項
中傷行為や信仰賛美などは、コメントの禁止や削除したりします。
活動家の方へ : 読むと不快に感じる場合がありますので、読まないことをお勧めします。

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
Translation(自動翻訳) 縦型文字版
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。