スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出家のオウム、在家の創価

健太君 「たいへんたいへん!」

先生「どうしたんだい?」

健太君 「ニュース見たらオウムの人捕まったって。」

先生「なんだそんなことか、健太くんが困ることはないだろ。」

健太君「ぼくがつかまえるはずだったのに…ああ、いっせんまんが…」

先生「健太君は勉強の方を頑張ったほうがよさそうだね…」

洋子さん「確か地下鉄サリン事件の人ね。オウムは、テレビで見ただけでも強烈な印象のある団体だったわ。」

先生「あそこは、全ての財産を寄付して出家する制度なんかが特徴の団体だったよ。在家の人も多かったけどね。」

健太君「そうだったのかぁ。ぼくのきちょうなゲームはなかなか渡せないぞ。」

洋子さん「出家方式なら基本在宅の創価学会と違って、会員を世間と隔離できるわけよね?」

先生「そうだね、信者への支配力を強くし易いやり方だよ。」

健太君「おお、すげー。すると、出家方式でない創価学会は信者を隔離できないんだから…」

洋子さん「…そうね。信者への支配力が弱いってことにならないかしら。」

先生「そこなんだけどね…体が隔離されてなくても、心はどうかな。」

健太君「どゆこと?」

先生「例えばさ、新聞、テレビや社会との接触でマイナス情報を見ても、こんなの「嘘だッ!」って思うようになってたらどうだい?」

洋子さん「都合の悪い現実を見なくなれば、出家方式(隔離)でなくても、似たような効果があるってことね。」

先生「心を人質に取ってるような状態だね。」

健太君「じゃあまず、人質解放しないとどうしようもないんじゃ…」

先生「そうなんだよなあ。」

洋子さん「うーん、ちょっと大変そう。」

先生「まずは本人が解除したがらないとはじまらないからね。」

コメントの投稿

非公開コメント

注意事項

ねま

Author:ねま
注意事項
中傷行為や信仰賛美などは、コメントの禁止や削除したりします。
活動家の方へ : 読むと不快に感じる場合がありますので、読まないことをお勧めします。

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
Translation(自動翻訳) 縦型文字版
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。