スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言われるままになって育つこと

皆さん、お久しぶりです。
しばらく放置気味でしたが、
読書ノート的に少し更新しておきます。

今回は、女子少年院元法務教官である、魚住絹代さんの著作からです。
著者はこの中で、権威主義的な子育ての問題を指摘しています。

 ■まじめな女の子が突然、少年院へ
いつ頃からでしょうか。ふつうの女子高校生や中学生が突然、少年院に入ってくるようになりました。彼女たちの事件のほとんどは覚醒剤です

街を歩いていたら「いいやせ薬があるんだけど」「眠らなくていい薬あるよ」などど、言葉巧みに声をかけられ、受験勉強のために、あるいはダイエットにと気軽に購入してしまったと、彼女たちはいいます。

それが覚醒剤だとわかるのは、クスリが切れたあとの倦怠感と、からだがクスリをほしがるようになってからのことです。

彼女たちに共通するのは、純粋培養されたようなまじめな子であることと、友だちが少ないということです。同年代の子よりも大人びた、むしろしっかりしている印象もあります。しかし、その心の奥には、友だちとうまくつながれない孤独がありました。

そんな寂しさを抱えている彼女たちが、大人からやさしく声をかけられ、悩みを聞いてもらえると、世間ズレしていないがゆえに「親切にしてもらった」と恩を感じ、信じてしまうのです。
子どもは、見かけは大人のように見えても、内面は未発達で判断も未熟なのです。特に、まじめで、言葉も丁寧な子は、物事をよく理解しているように一見思われがちです。

しかし、こうした事件に引っかかる子どもに見られるのは、教科書のように物事を理解することはできても、応用が効かないことです。知識はありますが、人の心の動きに鈍感だったり、駆け引きにうとく、だまされてしまうのです。

もうひとつの大きな特徴は、自分の気持ちがはっきり言えなかったり、自分の考えが曖昧だったりすることです。言葉巧みに近づいてくる人から誘われると、それに「ノー」と言うことさえできないのです。そして、思いもかけない非行に引きずりこまれることもあります。

彼女たちの背景を見ていくと、親に支配され、親の言われるままになって育っているケースが非常に多いです。また、親子間でも会話が乏しかったり、心の交流が少なかったりする傾向も見られます。日頃から自分の気持ちや感じたことを表現する訓練がなされていないのです。それでは、自分の考えが育つはずもありません。

相手の思惑どおりにふり回されたり、甘い言葉にだまされてしまうことになります。そのあげ句に、気がついたら覚醒剤を打たれて売春をさせられていたということも、珍しいことではないのです。現実に、良家のお嬢さんでも、こうしたケースが起きています。

対人関係や物事の対処の基本は、親子関係にあります。親の思いどおりに育てようとすることは、悪い大人の思いどおりにもなりやすい子どもにしてしまう危険があるのです。

親の考えにただうなづくのではなく、自分の考えや「イヤだ」ということをはっきり意思表示できるのは、とても大切なことなのです。

日頃から、自分の感じたことや考えを言葉にして伝えあいましょう。子どもが間違ったことを言っているからと、頭ごなしに否定してはいけません。むしろ、親と違う考えを言えることは、喜ぶべきことなのです。それは、自分の考えをしっかりもち、自分で自分を守れる人に育つ一歩なのです。
大人ができる大事なことは、子どもが自分で判断していける力を手助けしてあげることです。

―母親が知らない娘の本音がわかる本―魚住絹代著 より


親の思いどおりに育てようとすることは、悪い大人の思いどおりにもなりやすい子どもにしてしまう危険があると、著者は指摘していますが、創価学会(その他カルト含む)の思いどおりにもなりやすい子どもにしてしまう、ということでもあるのでしょう

※ただし、条件がそろったMCを受けると、そうでない人でもやられますので注意

創価学会について考えてみると、会員が組織に対して

組織の考えにただうなづくのではなく、自分の考えや「イヤだ」ということをはっきり意思表示

できるか、というとなかなかそうではないです。

しかし、組織と違う考えを言えることは、喜ぶべきことなのです

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

>親と違う考えを言えることは、喜ぶべきことなのです。

なんか当たり前のことに「ハッ」としました。
ちょっと涙が滲んできます。

「他人は他人、よそはよそ」とよく言いますが「親子も別々の個人」ということ、見えにくいときがありますよね。
うち(母親)も「よそはよそ」と口では言いつつ、そういうことが見えにくい人でした。
何故か過去形で書いてますが、現在進行形で(笑)。

クロさんへ

>なんか当たり前のことに「ハッ」としました。

そういうことって、たまに有りますね。

>ちょっと涙が滲んできます。

おお?

>うち(母親)も「よそはよそ」と口では言いつつ、
>そういうことが見えにくい人でした。
>何故か過去形で書いてますが、現在進行形で(笑)。

うーむむむ・・・
今もあるけど、特にタイヘンだったのが
過去ってことなんでしょう、きっと。

それ(親子同じ)以外にも安心できたり、
喜びだったりすることがあるのに、
その渦中の中では、見えないんですね…

こんにちは

今日は休みなので創価思考に押し寄せられたら気ままに
注意事項

ねま

Author:ねま
注意事項
中傷行為や信仰賛美などは、コメントの禁止や削除したりします。
活動家の方へ : 読むと不快に感じる場合がありますので、読まないことをお勧めします。

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
Translation(自動翻訳) 縦型文字版
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。