スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地獄におちるって?

健太君 「せんせい、創価学会の人が、ちょくちょく地獄に落ちるって言うのは、どうしてなの?」

先生 「それはね。攻撃されたと思うからなんだ。」

洋子さん 「おかしいわ。なにも攻撃された様子もないのに言ってるのよ。」

先生 「ではどうして、攻撃されたと思ったんだろう。
    どんなときに地獄の言葉が出てるかな?」

健太君「なんだか、脱会の話のときに出てるみたい。」

洋子さん「会に、入る・出るだけの話で、どうしてそんなにコウフンできるの?」

先生 「あのね。創価学会的に脱会するということは、決定的に違う考えを持つということで、これは差異主義的な考えのもとでは、敵対行為なんだよ。」

健太君「脱会してなくても、活動してない人はたくさんいるよ。どうしてそれは敵対行為にならないの?」

先生 「脱会してなければいつか分かって貰えるという夢が見られるんだよ。」

洋子さん「またそれなの?なんでそんな夢が見れるの。」

先生 「活動家の人は、たいてい権威主義的で、
    そういう人は表面的なものに、凄くこだわるんだ。」

健太君「うーん。その分、内面的な部分には無関心なの?」

先生 「そう!驚くほどみんなの心を知らなかったりする。」

洋子さん「だから脱会するって言われないかぎり、甘い夢が見られる?」

先生 「そのとおり、それで落差が大きいんだ。創価スイッチが入る。」

健太君「わかったけど、じごくってケンカ売るような態度とらなくても…」

先生 「いや、活動家の方はケンカを売られてるって感じるんだよ。」

健太君「そうなの!それ、言いがかりだよ。」

先生 「脱会という言葉に苦しさを感じて、呪いの言葉を吐く。活動家本人は攻撃されたから反撃したつもりなんだ。」

洋子さん「うわ…」

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

最後の洋子さんの「うわ…」という台詞がリアル(笑)。

脱会する人に「地獄に落ちるぞ!」と呪いの言葉を吐く心理。
学会員さんといえども社会人、大学生程度の人ならば人間誰しも違う考え方を持ち、勧善懲悪などめったに存在しないということは分かっているでしょう。
専業主婦のバリ活婦人部さんとかは難しいかな…。

どんなに仲のいい友達だって、お笑い芸人が好きな人がいれば、ジャニーズが好きな人もいる。自分と違うからと言って、そこに敵対心は抱かない。
信仰も同様で、宗教を信じるかどうかは、特にここ日本においては完全に個人の自由なのです。学会員さんも頭の表面では分かっていると思います。

ではなぜ、それが許せないのか。
それは創価学会が、自分達が「世界で唯一の正しい団体」だと謳っているからなんですね。
世界で唯一。ベストでもベターでもなく、オンリー。
となれば、唯一しかないのにそこから背を向けるということは、「唯一の正しい団体」の条件を壊されかねないわけですね。
百歩譲って「脱会なんかして地獄に落ちるんじゃないの?」と心の中で心配するくらいなら分からなくもありませんが、多くは脅迫めいた口調で、そのウラには脅してでも引き止めようという焦りが見えてしまいます。

学会員さんは背を向ける人たちに「攻撃された」と感じるのは、否定されることによって「信じている条件」を覆されるから、というのも一つの面としてあるかと思います。

私は多くの学会員さんを知っているわけではありませんが、まあ、みんなが言っているからそうなんだろう、という気持ちで暴言を吐く人もいるでしょうけどねー。
どちらにしろ、人の気持ちを考えない不愉快なことであることに変わりはありません。

Re: こんばんは。

>となれば、唯一しかないのにそこから背を向けるということは、
>「唯一の正しい団体」の条件を壊されかねないわけですね。

>百歩譲って「脱会なんかして地獄に落ちるんじゃないの?」
>と心の中で心配するくらいなら分からなくもありませんが、

>多くは脅迫めいた口調で、そのウラには脅してでも引き止めよう
>という焦りが見えてしまいます。

クロさん、コメントありがとうございます。
正確に心を推し量ると、主語が違うのでしょうね。

(あなたが)地獄に落ちるんだ。

(私が)地獄に落ちるんだ!どうしてくれるんだ、うわーん!

>学会員さんは背を向ける人たちに「攻撃された」と感じるのは、
>否定されることによって「信じている条件」を覆されるから、
>というのも一つの面としてあるかと思います。

学会員さんが持っている世界観と、現実の世界にはくい違いがあります。
それでも、少々のくい違いなら、自分を誤魔化してしまえるんですが、
大きなくい違いを見てしまったとき、葛藤が生まれます。

こういうとき、『世界観』と『現実の世界』のどちらかを否定せずには
いられない人が学会には多いです。

葛藤を抱えた状態を、無理にでも解消して心の安定を図りたいんですね。

なるほどね

主語の入れ替え、納得できます。
心理としては確かに分かるんですが、「地獄に落ちる(自他に関わらず)」ということを本気で信じてしまえるというのがどうも、やっぱり極端だなぁという印象です。
日本に生まれ育って、地獄に落ちるとか落ちないとか、よっぽどの犯罪でも犯さなければはっきり言って「サンタさん」や「コウノトリ」と同レベルのお話だと思います。

「地獄に落ちるぞ」って言われて、その暴言も不愉快ですが、それを口に出せるほど信じられるという人間を異常に見てしまうのですよ。一般人の感覚から言うと。
本当に信じる・信じないは本人の自由なんですが、人にも言っちゃえるレベルまで来ると…奇異な感じです。

「地獄」まで決定的な言葉ではなくとも、やはり肌でちょっと引くなーって感覚は多くの人が経験していると思いますね。
学会員さんも世間の引かれ具合に気付いている人もいるんでしょうが、たぶん軽視しすぎている感がありますね。
そこが外部との摩擦になっている気がします。

Re: なるほどね

ありえないことなんだけど、とても良いことが起きる
ありえないことなんだけど、とても悪いことが起きる

こういうコインの両面みたいなのがあって、

地獄に落ちるのを信じれるから、
サンタさんが来てくれるのも信じれる。

根拠が無い良い話 を信じるために
根拠が無い悪い話 も信じやすくなってしまう。

とまぁ書いていったけど、
>人間を異常に見てしまうのですよ。

一言で言うと、そのとおりですね。
一番上の人はフリだけなんだろうけど。
自分で煽っておいて、
内心ヒいたりしてるんだろうか

>学会員さんも世間の引かれ具合に気付いている人もいるんでしょうが、
>たぶん軽視しすぎている感がありますね。

世間の引かれ具合が気にならなくなって、
世間の目が気にならなくなるあたりから、
本人的には安心できるゾーン、
世間的にどんなにアウトでも大丈夫だから。

なにより危険ゾーンなんだけど。
注意事項

ねま

Author:ねま
注意事項
中傷行為や信仰賛美などは、コメントの禁止や削除したりします。
活動家の方へ : 読むと不快に感じる場合がありますので、読まないことをお勧めします。

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
Translation(自動翻訳) 縦型文字版
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。