あしあと記録帳

はじめましての挨拶
リンクしますねの連絡
簡単な質問や相談

などなど、

個別の記事にコメントしにくい方。

そんな方は、こちらにどうぞ。

コメントの投稿

非公開コメント

ねまさん

こんばんは~!

自分のブログの事ですがこちらでお返事させて頂く事をお許し下さいm(__)m

ありがとうございました。
スイッチの在りかを見つけた事に祝福の言葉を頂いた事、とても感謝しております。

様々なご意見がありますが、私は今日、やっとこうなった事を「やっとここまで漕ぎ着けた」と思っております。

ねまさんとはスタンスの違いはあると思いますが、私の気持ちや状況に寄り添って下さっているととても嬉しく思っています。

私はこれまで何度も「Tはアカンのちゃうか…」と言われ続けて来ました。
でも、少しずつは進歩しているのです。

進歩が何一つなければ私ももうとうの昔に見限っています。

もう暫く、見守って頂けると嬉しいですm(__)m

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ねまさん

>スイッチの在りかを見つけた事に祝福の言葉を頂いた事、とても感謝しております。

ない、ない、ない…もう見つからないのかな…
と思ってたらこんなところにあった!
という経緯で、ビアさんの喜びもひとしおと思います。(^^)


>様々なご意見がありますが、私は今日、やっとこうなった事を
>「やっとここまで漕ぎ着けた」と思っております。

なかなか先の見えない状況のなか、よくここまで到達されました。


>ねまさんとはスタンスの違いはあると思いますが、
>私の気持ちや状況に寄り添って下さっているととても嬉しく思っています。

はい、一部スタンスに違いはあります。が、
ロジカルな面で違いがあっても、気持ちの面ではまた別なので。
片方の手でもしケンカしてても、もう片方の手では握手できたり。


>私はこれまで何度も「Tはアカンのちゃうか…」と言われ続けて来ました。
えぇ。もとより酔狂な関係だったので、
いまさらそれを言ってもはじまらないな、と私は思ってました。

人生でも合理性は大切だけど、
合理性だけで人が生きていくこともできないし。


彼女の方については、

人はおろかだ。苦しければなお愚かになる。

という言葉が頭に浮かびます。


日本人、特に女の人なら「違う意見を持っている=敵対行為」
という差異主義的グループにいたこともあるかもしれませんし、
安定した状態でないことは書き込みを見てわかりました。

実際のところあまり気にはしてないですし、
ビアさんへの特別なこだわりも今回の説明でわかった気がします。


>もう暫く、見守って頂けると嬉しいですm(__)m
はい!注目しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

どういたしまして

-------------------------------------------------------------
すみません・・・・少し話ししていっていいですか?
-------------------------------------------------------------
どうぞ。

-------------------------------------------------------------
彼は、活動に疲れてはいますが、学会に所属するのは心地いいみたいで・・・
私がいつか学会に入ることを望んでいます。

私も、彼を取り戻せるなら・・・とか頭をよぎりますが、学会以上に生活が不安定なので、一緒になってもろくなことにはならないと、

現実も見ます。ちょうどよく「あなたは学会に向いてない」と彼親からいわれたので、一気に覚醒しましたが、

何もないことにするには時間がかかると思うこの頃です。
-------------------------------------------------------------

いろいろ無理っぽい。
でも、気持ちは残ってる。


彼、忙しいだけでなくて、
生活もそんなに不安定でしたか。

-------------------------------------------------------------
笑いながら「ドMか!!!」とつっこめるならいいですが、そんなことをしようものなら、外界をシャットアウトしてしましますね・・・・。創価意外のネットは見ない主義くらいなので。勿論、私が学会に対してのコメントを述べたこともありませんし、
-------------------------------------------------------------

そして、意見するのは難しいと感じているんですね。

>>そんなことをしようものなら、外界をシャットアウト
>>私が学会に対してのコメントを述べたこともありませんし、

えっ、そうなんですか。
なかなか言わずにいられないと思うんですが、
いつも言い出せない雰囲気だったということですね。

-------------------------------------------------------------
上記の彼親からの「向いてない」コメントも、「勉強したら克服できる」と堅く信じているので・・・。
-------------------------------------------------------------

彼の考えでは、
「創価学会のことを知れば知るほど学会が好きになるに決まっている」
なんですね。

-------------------------------------------------------------
学会の中だけで生きていくのは、もうやめてほしいなって思います。もっと広い世界があるのだから・・・。それは、伝えられないまま

なのかな・・・。自分と違う世界の私だから、私を選んだのだろうけど・・・外界はこわいらしい。
-------------------------------------------------------------

彼にとって、外は怖く、中は安心。
彼は井戸のなかで安心して暮らしたい。

彼にとって、安心は凄く大事なんだろうな…


学会は安心で、外界が怖いって、想像に基づく安心や恐怖なんですよね。
そして、想像で怖がってる場合は、実際より遥かに大きく感じるもので、

といっても、怖いのを解決するには、言葉の説明だけでは足りなくて、
実際にあれこれ経験していってはじめて、「なーんだ」という感じで、
想像と現実の隙間が埋まっていくから…

-------------------------------------------------------------
ただ、こうしてコメントさせて頂くと、考えがまとまったり、
知らなかったこともわかってきて、落ち着いてきます。
ありがとうございます。
-------------------------------------------------------------

どうぞ、今後も考えや気持ちの整理などになれば、使ってみてください。

-------------------------------------------------------------
彼の行動に付き合える瞬間まで、見守ろうと思いますが、
中高大、職場まで学会の中なので、そこから出ることは、
淡水魚を海に放すことにもなりますね・・・
彼がのぞまないかぎり有り得ませんね・・・。
-------------------------------------------------------------

学校はずっと系列のものと聞いてましたが、
なんと、職場も学会でしたか。

切り替え時期は大変だけど、外界の海へ行こうと思えば行けるし、
それは面白いことでもあったり。

-------------------------------------------------------------
わかっているけど・・・恋は盲目ですね・・・。

すみません・・・訳のわからないコメントで。
なにか、バシッと言って下さい。。。。涙。
-------------------------------------------------------------
ちょっと問題をまとめてみると、

1 安心を求める彼の内面には、多分強い不安がある。
2 不安な彼に言いたいことをいうと、彼はパニックになりやすい。
3 だからこそ思うことを充分言えず、不完全燃焼な感じがある。

なんだか、彼との話を見ていくと、
まだヤマが来ていない印象を受けるんです。

ヤマの向こうが良いとこなのか、ダメなとこなのか、
ヤマに登ってみないことには、ハッキリ見えない…。
見えないまま帰るのもスッキリしない。

ところで、もし今まで言えなかったことを彼に言おうと思ったら、
バーン!とぶつけると御心配のとおり、
彼が殻に入ってしまうかもしれないので、

彼を安心させるようなことを言いながら、
意見をお互いに言い合うという形が良いかも知れません。

麻酔かけながら手術するようなイメージです。
あまり痛みがあると、手術どころで無くなるので。

Re: ねまさん

-------------------------------------------------------------
今までずっと元夫の人となりについては話して来ていたのに、今の段階になってあれ程、攻撃的な事を言ってこられるのか不思議でなりません。

彼女の指摘には困惑するばかりです…。
「なんでいまさら…?」と。
-------------------------------------------------------------
私も突発的で、理解しづらい感じがしているのだけど、
その一方で、ぼんやりと何か見えるような気もします。

彼女の中で、不安になるような何かがあって、
それで感情的&攻撃的になっている可能性が高いと。
-------------------------------------------------------------
ご本尊がなくなり創価問題が解決し、今、やっと二人のスタート地点に立ったと言うだけでまだまだ、これからですが、前向きに強く進んで行けるよう努力して行きたいと思います。
-------------------------------------------------------------
彼もいきなり自立とはいかず、
今はビアさんの暫定統治が必要でしょうが、

今後壁にぶつかったとき、
今回の困難を越えられた事実が自信となり、
背中を押してくれることもあるかと思います。



最後になりましたが、フォローありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ねまさん

>多分、今まで一緒に学会員の夫の事で悩みを話して来たのに、
>私だけがその問題から解き放たれる方向に向かっているので
>悔しさや焦りがあるのではないかと思っています。

それが有力だと思います。

そして、そうであるなら、

かえって自分を追い詰める、理にかなわない思考なので、
ここは意識して気持ちを切り替える方が、
本人的にも心が楽になるのだけど。なかなかね…

>ただ、彼女は元学会員です。
>熱心に活動をされていた事もある訳でして、創価的思考を今も色濃く残しています。

創価学会の効能のひとつとして、気が大きくなるというのがあります。
学会が心にカチリとはまるような人なら、思い上がった気持ちになれます。

酒に酔ったようなもので、本人は心地よさがありますが、
ご指摘のとおり、排他、高圧、なんで思い通りにならないんだ、など、
自分が見えなくなったり、状況をそのまま認識できなくなったりで、
対人トラブルを起こしやすく、またそのトラブルが通常より大きくなります。

組織の要因と、元々の人の要因と、両方ありますが、
彼女の場合は一世ですので、人の要因も軽くないでしょう。


>この『話し合いが出来た』と言う事が私達にとっては大きな進歩です。
私も同感です。

元夫さんは、
お母さんと一方通行の関係にいたので、
双方向の関係に移れることはいいことですね。

こんにちは。
「小学生でも・・・」の記事、勉強になります。
またゆっくり読ませていただきますね。

Re: タイトルなし

星野さん、こんにちは。

コメントありがとうございます(^^)
具体的に言って頂いて嬉しいです。
いつでもどうぞ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: はじめまして

ぴっこりさん、こんにちは。

>1人暮らしをしだしても中々学会から抜け出せません。

向こうからやってきますからね~
とりあえず1人暮らしで、
親御さんの方の影響は少なくなったというところでしょうか。

>こちらのブログを拝見させていただき、少しスッキリしました。

おぉ、少しでもスッキリできる役に立ったなら幸いです(^^)

>まだ全部読めていないので、ちょこちょことのぞかせてもらいたいと思います。

どうぞ見てやってくださいな。
こういう問題は、一挙解決とはなかなか行きませんので、
気分転換もしながら、徐々にいかなくてはならないですしね。

どこかに気持ちを吐き出したくてこちらにコメントとして残します

白バラ通信 パンドラの箱が大変な事になってます。

創価学会池田カルト一派との裁判シリーズその195と196を続けて読んでみて下さいな。
不当裁判の可能性の要素がたっぷりあります。

個人的には違憲だと思ってます。

カルトシステムは本当に怖い。IRAの犯行かと思っちゃいました。
あ、間違えた。あっちは武装派でした。
あれ?でも武器の購入とかも受け持ってるんでしたっけ?
でも司法でのそれは暴力と何ら変わらないわ。

こわっ。

ひろこさんへ

白バラ通信みたことありますね、
裁判どうなってるかなという感想なんですが、
こういうことになってたんですね。

忌避が認められませんでしたか
そのためにダメになるというのは早計でしょうが
これでは少なくとも高裁までは行く必要がでてきましたね

ただ、

私がもともと生田弁護士に持っている印象では
手強い相手にも臆せずシャンとした方だ
というものなので、不安はあまり感じていません。

明けましておめでとうございます♪

明けましておめでとうございます♪

昨年は大変お世話になりました♪

カルト創価脱会の目標を掲げてネットサーフィンしていた私にネマさんの記事は大変参考になりました。
特に「権威主義」の本は、そのタイトルを見ただけでカルト創価だけでなく、社会の関わりの中で嫌がらせをかましてくる攻撃的な洗脳された連中の脳味噌に叩き込みたくなるほどでした。

かなり居るんですよねカルト創価の被害者の方々って。
こういう超ド不幸に引きずり込まれているカルト創価の二世三世って、私だけではないんだなぁ、とつくづく思い、どれだけでも超ド不幸な人生に引きずり込みたがるのがカルト創価池田教なんだということをつくづく思い知らされました。

非活でシカトしてれば「私は関係ないわ」って言えるものじゃないですよね。宗教って。

脱会を果たしたので、今年は一日も早い両親との決別を目標に掲げて努力しようと思います。

ねまさんの記事は勉強させられる事が多いので、また参考にさせて下さいね♪

Re: 明けましておめでとうございます♪

ひろこさん、今年もよろしくおねがいします。

まさに、ひろこさんの着眼点のとおりで、
「権威主義」の本の指摘は、創価学会問題でもキーになるポイントです。

この中では
『権威者の威を借りて、光ではなく圧迫感を発しようとする』
『権威主義の最大の問題は、それが非倫理的な行動や、リスクの高い行動を無理強いすること』
と指摘がありますが、

これは、組織の内外を問わず、創価学会の迷惑を受けている人がよく感じることです。

>カルト創価だけでなく、社会の関わりの中で嫌がらせをかましてくる攻撃的な洗脳された連中の脳味噌に叩き込みたくなるほどでした。

ひろこさんお気付きの通りで、
(権威主義という)同じシステムの上に、
(創価学会その他)違うソフトウェアが乗って
迷惑行為&攻撃的行為をしているので、
よく似た症状がでているという構図があります。

どうも、ソフトはなんでもいいらしいんですね。


>かなり居るんですよねカルト創価の被害者の方々って。
>こういう超ド不幸に引きずり込まれているカルト創価の二世三世って、私だけではないんだなぁ、とつくづく思い、どれだけでも超ド不幸な人生に引きずり込みたがるのがカルト創価池田教なんだということをつくづく思い知らされました。

まわりが見えるようになれば、いたるところでやらかして
困ったことになってるのが、分かるようになりますね。

>脱会を果たしたので、今年は一日も早い両親との決別を目標に掲げて努力しようと思います。
>ねまさんの記事は勉強させられる事が多いので、また参考にさせて下さいね♪

親に対して必要な距離を保つのが、子が健全に生きていくのには大切ですからね。
子に対しても不当な要求はしてはいけませんから。

せっかくの記事ですので、ときどき見て参考にしてもらえるなら嬉しいです。

選挙

選挙が終わったぁっ!

と、ねまさんの公明党切りを楽しみにブログを拝見してみたら…。

…ない。OTL

そうでした。衆参選挙でなく、統一地方選でした。OTL

(>ヘ<)

しかし、今回の統一地方選は見事に公明党の負けが確定した選挙なので、ねまさんの公明党切りの清々しさを味わうのは次回の衆参選挙まで我慢する事にいたします。

♪~(* ̄‐ ̄)

Re: 選挙

ひろこさん
お久しぶりです

地方選はいまいち書きづらいですね
小選挙区的なダイナミックさもないし…
国政選挙の方が書いていても面白いですので
まだ先になりますが、次の選挙をお待ちください。(´・ω・`)

> 選挙が終わったぁっ!
>
> と、ねまさんの公明党切りを楽しみにブログを拝見してみたら…。
>
> …ない。OTL
>
> そうでした。衆参選挙でなく、統一地方選でした。OTL
>
> (>ヘ<)
>
> しかし、今回の統一地方選は見事に公明党の負けが確定した選挙なので、ねまさんの公明党切りの清々しさを味わうのは次回の衆参選挙まで我慢する事にいたします。
>
> ♪~(* ̄‐ ̄)
注意事項

ねま

Author:ねま
注意事項
中傷行為や信仰賛美などは、コメントの禁止や削除したりします。
活動家の方へ : 読むと不快に感じる場合がありますので、読まないことをお勧めします。

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
Translation(自動翻訳) 縦型文字版
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター