スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナチズムと創価学会を支えたもの

創価学会において、
日本の根強い家意識に対応する、もうひとつのものは
「自団体中心主義」だ。

ドイツ、日本、ユダヤなどの
直系家族制の差異主義(不平等主義)は、
僅かな差異に執着する。
ときには、ありもしない差異を見つけだして執着する。
絶対核家族制にも差異主義はあるものの、
こちらの場合、異なると見なした人間集団を隔離することで満足する。

直系家族制の差異主義の場合、
自分で見つけ出した差異に耐えられず、隔離では満足できない。
じゃあどうするの?というと、排除を望むようになる。
事情が許せば抹殺ということもある。
このような差異主義のもとでは、
自分たちと異なる者は「劣った者」として認識される。

そのため直系家族制の国では、ナチズム的なものが受け入れられやすい。

ナチズム
ナチズムは、ファシズムに共通の性格を持ち、
反個人主義、反自由主義、反民主主義、反議会主義、
反社会主義、反共産主義などを標榜すると共に、
国益が私益に絶対的に優位する事を主張する。

しかし、ナチズムの特色は、特にその民族の概念にみられる。
ナチ党の
「血と大地」「血の純潔」「ゲルマン民族の優秀性」という民族概念は、
国内的にはユダヤ人排撃の思想となり、対外的には他民族を侵略して
その支配下に置かんとする軍国主義を正当化する思想となった。

ドイツ人は、
世界全ての人種の中で最も優れるアーリア人種の子孫であり、
世界で最も美しく優秀な民族である ドイツ民族には、
世界の文化発展を指導する使命がある

ナチズムといってもあらゆるものの寄せ集めと評されており、
よく関連づけられるファシズムだけでなく、「わが闘争」で
ヒトラー自身が「私はボルシェヴィズムから最も多く学んだ。」
と言っているように左翼からの影響も多く見られる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



『創価学会の宗教概念は、内部的には反対者排撃の思想となり、
対外的には一般人を折伏してその支配下に置かんとする
軍国的布教主義を正当化する思想となった』

『組織が会員に絶対的に優位する事を主張する。』

『創価学会員は、世界全ての宗教の中で最も優れる創価学会の信者であり、
世界で最も正しく優秀な人間集団である。』

こういった言い換えが相応しく、左翼の影響も多い点も共通している。

しかし、敗戦後、家制度の廃止、自由主義的教育の導入などに伴い、
家意識などに表れる直系家族制も、絶対的なものでは無くなっていて、
創価学会・公明党は、ナチスのように、国民多数の支持を得ることは無かった。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ねまさん、こんにちは。

ちょっと遅くなってしまいましたが、「ブログ開設」おめでとうございますv-82

日本の家族制度から見た創価学会、これは、学会の家庭で様々なことを体験してこられた、ねまさんならではの視線だと思います。
私には、新しい内容ですので、これからも勉強させて頂きますね。

とあるブログのコメントに、「栄枯盛衰?の激しい非創価ブログ」というフレーズがありましたが、「花盛りのアンチ創価ブログ」の中で、これからも大いに意見交換していきましょう☆

Re: No title

ミルさん、訪問&コメントありがとうございます。

私の場合、創価学会って・・・こりゃだめだ。と思ってから、
ある程度時間がたっていて、モヤモヤ的なものが薄いせいか、
(もともとの気質もあるのか)
「傾向と対策」的な内容になってくるみたいです。

> とあるブログのコメントに、「栄枯盛衰?の激しい非創価ブログ」というフレーズ
親創価ブログは半永久的に活動できるでしょうが、

アンチ創価ブログの場合は、
一通り身の回りの問題が解決したら、やめるか沈静化するのは、
まぁ自然だとは思います。
仕事が忙しくなったり、張り切りすぎて疲れちゃったり、
などの場合もあるでしょうが。
実際のところ、ずっと創価ばかり相手にしてられないとは思います。
沈静化して継続した場合は、
相談の要素の強いブログになっていくのでしょうね。

それではミルさん、今後ともよろしくお願いします。
注意事項

ねま

Author:ねま
注意事項
中傷行為や信仰賛美などは、コメントの禁止や削除したりします。
活動家の方へ : 読むと不快に感じる場合がありますので、読まないことをお勧めします。

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
Translation(自動翻訳) 縦型文字版
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。