創価学会の海外展開を考える(韓国編)

創価学会の海外展開を考えるシリーズも今回で八回目です。
今まで様々な国と地域を見ていきましたが・・・

欧州はダメ、アメリカはいまいち、ロシアもダメ、
中国・インドは大人口の割にはパッとしない。
イスラム世界は厳しい、南米も移民がいるのに拡大が少ない。
「・・・それじゃ、一体どこがいいんだよ!」
という声が聞こえてきそうです。

でも大丈夫!
ちゃんと創価学会に向いた国はありますよ。

それは韓国です。
釜山市の東西大日本研究センターの調査によると
韓国には148万人(公称)のSGI会員がいるとのこと。

和光新聞(韓国版聖教新聞)もあるし、
韓国版財務や韓国版署名運動もあります。
となると韓国に公明党が無いのが惜しいですね。
凄い功徳(ご利益)があるはずの、選挙運動が出来ません。


さて、韓国は直系家族社会です。

韓国の人口は、4800万人
このうち148万人がSGI会員となると、人口の3%。
日韓を除く世界では、人口の0.1%の会員獲得がやっとです。
韓国の会員獲得数は、通常のSGIの30倍の水準にあたります。
「大勝利!」と言ってよさそうです。

韓国は、直系家族型宗教である創価学会の布教に向いているんです。
しかし、これ以上にドンドン増えるかというと・・・さすがに期待薄でしょう。

ところで、韓国の北にも似たようなサイズの国がありますね。そう、北朝鮮です。
こちらの方は金一族の人が頑張っていて、今は手が出せません。

しかし、北朝鮮も直系家族社会です。
現体制が崩壊して、布教ができるようになればどうでしょう?
その場合は韓国以上に見込みがあります。

直系家族社会で、貧しくて、インターネットも普及してなくて、
従えられることに馴れた
・・・そんな国民は創価学会にとって理想的です。
まさに北朝鮮は、創価学会にとって最後の楽園となる可能性があるのです。

日本と韓国(北朝鮮)…いずれも直系家族社会です。
創価学会が繁栄するのは直系家族の領土の上においてなのです。

自由と平等を重視する、平等主義核家族の社会
自由と不平等を重視する、絶対核家族の社会
これらの自由主義の価値観を持つ社会や、
権威主義であるものの、平等を重視する共同体家族の社会、
こういった国々で創価学会が拡大するのは、物凄く困難なことなんだ。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは youtubeでみると 韓国のSGIでヒットする団体は複数あるようですが( 同じように見えます )外部の目で見ると競合しているようにも思いました わたし自身はSSOJの会員ですが インドでSGIの話はあまり聞かない様です

オリオン星人さんへ

うろ覚えですが、
韓国は内紛があったようです。
分裂したのかも知れません。
注意事項

ねま

Author:ねま
注意事項
中傷行為や信仰賛美などは、コメントの禁止や削除したりします。
活動家の方へ : 読むと不快に感じる場合がありますので、読まないことをお勧めします。

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
Translation(自動翻訳) 縦型文字版
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター