スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創価学会の海外展開を考える(ブラジル編)

ブラジルは、
南アメリカ大陸最大の領土、人口を持つ国です。

人口 約1億9,400万人(2008年国連統計)
宗教 キリスト教(カトリック約74%、プロテスタント約15%)
(2000年地理統計院)
出典:外務省



日系人の多いブラジルには、日系の宗教が多く進出している。

ブラジル世界救世教の公称信者数40万人
ブラジル生長の家の公称信者数250万人

それなら、

日本で勢力の大きい創価学会なら相当な信者数に?

ところが、

ブラジル創価学会の会員は15万人と、人口の0.1%にも満たない。

ブラジルは世界最大の日系人居住地で、現在約150万人の日系人が住む。
こちらを基準にみると、日系人の10%が会員なのかな?
と思いそうだけど、ブラジル創価学会は非日系人が90%を占める。
日系人の創価学会会員が1万5千人となると、日系人社会の1%でしかない。

どうしてこうなったのか?それは、

創価学会の強烈な折伏活動で、ブラジル日系社会との摩擦が生まれ、
創価学会は摩擦を避けるため、二つの方針転換を行った。

1.日系人布教→非日系人布教
2.折伏路線→文化活動重視

ということのよう。

明治学院大学教授の渡辺雅子先生によると、ブラジルの日系宗教は、

世界救世教(布教開始1955 年・信徒31万人・非日系人97%)
創価学会(布教開始1960 年・信徒15万人・非日系人90%)
霊友会(布教開始1975 年・信徒8万人・非日系人60%)
出典:ブラジルにおける日系新宗教の展開


となっている。一方、

【BRASIL NEWS】ニッケイ新聞メルマガ版 43号 では
ブラジル地理統計院(IBGE)の二〇〇〇年度国勢調査を元に、

世界救世教
  109,311人
生長の家
   27,784人
PL教団
   5,465人
天理教
   3,786人
真光
   3,054人
ハレ・クリシュナ(インド系)
   1,679人

となっている。

ブラジルでは国勢調査で○○を信仰しています、と答えるんですね。
生長の家は公称人数と比べると、水増しが大きいのでしょうか?
そもそも創価学会はどこへ消えたんでしょう?霊友会もありません。

先ほど紹介した、渡辺雅子先生によると

創価学会は日系新宗教のなかでは唯一入信に際して
これまでの宗教からの離脱を求めるが、
カトリック教会に対しては柔軟路線をとる。
出典:ブラジルにおける日系新宗教の展開


とありますから、
基本的に日系新宗教には、元の宗教はそのままで入れる。
だから宗教を変えた認識がない。そういうことでしょうね。

しかし、
「カトリック教会に対しては柔軟路線をとる。」って、
ブラジルは、カトリック約74%でしたよね…

さて、創価学会以外の国勢調査結果については説明がつきそうですが、
ブラジル創価学会の会員も調査に答えてないということなんでしょうか?
これはちょっと分かりません。

まとめ

ブラジルをはじめとする南米諸国は、
平等主義核家族の社会であり、
日本のような、直系家族社会と対極にあります。
直系家族社会に適応した創価学会の考え方は、
南米諸国には受け入れがたいものです。

世界最大の日系人居住地である有利さにも関わらず、
人口の0.1%にも満たない会員数を考えると、
ブラジルに創価学会は馴染まないと見えます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大体そんなところだと思いますが、日本にいる日系ブラジル人やペルー人の状況は少し違うような気もします。

私の友人は日系人が大変に多い地域で高校教師をしているのですが、この人曰く、受け持っている生徒の家庭が学会員であるケースが結構あるのだそうです。なぜ学会員だとわかるのかといえば、少なからずの生徒が創価大学への進学を希望するからなのだそうで。

コミュニティのあり様によっても変わるのかもしれませんが、日本で入信し、子どもが創価大学なんかに進んだ人は、ブラジルに帰りたがらないのではないですかね。或いはこういう人たちが大挙してブラジルに帰って、布教活動を行ったら、状況は随分変わりそうな気がします。

基本的に学会は日系人への布教に熱心なのではないでしょうか、母国に帰って布教してもよし、日本にい続けてそのうち参政権が認められるようになれば、それもよし、でしょうしね。

日本に居たいでしょう。

ぽんきちさん


日本で仕事がある限りは、日本に居たいでしょう。

1990年入国管理法の改正

在日ブラジル人(おもに日系)急速に増える。

世界的不況のため、ブラジルへの帰国者が増える。(現在)

先の資料の中に、
「最後に述べておきたいのは、日系新宗教が1990 年代に日本へのデカセギ現象で大きく揺らいだことである。。布教組織に非日系人の登用が進んでいた救世教を別として、非日系人が多数を占める創価学会でも、組織の中枢を日系人で固めていたために打撃を受けた。」
とありますから、ご指摘の日系人の方の中には、
ブラジル創価学会組織の中枢にいた方もいるのでしょうね。
また、彼らの来日は、さすがの創価学会もコントロールできないようです。

学会が日系人への布教に特別熱心なのかは良く分かりませんが、
学会的には悪くない話ですね。

No title

旦那の姉が、3月2日から11日まで創価学会で、日本に来ていました。私は、ブラジルにいて昨日帰国しました。

マリオの奥さんへ

マリオの奥さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

旦那さんがブラジルの方なんですね。
そしてお姉さんもブラジル人で、
3月に来日していた、ということでしょうか。

ひょっとすると、旦那さんのお姉さんは、
3月の本部幹部会(録画放送する大きな会合)に、
参加したりしたのかな。
注意事項

ねま

Author:ねま
注意事項
中傷行為や信仰賛美などは、コメントの禁止や削除したりします。
活動家の方へ : 読むと不快に感じる場合がありますので、読まないことをお勧めします。

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
Translation(自動翻訳) 縦型文字版
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。