スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創価学会の海外展開を考える(イスラム世界編)

一説によると、
イスラム教徒は世界に11億人ぐらい居るそうです。
まとめてみると、中国やインドに並ぶ大人口です。
これを布教できれば、創価学会はかなりの会員が獲得できる!?
しかし、

イスラム法上の棄教
イスラム法上では、棄教者は原則として死刑とされている。

現実の棄教
総じて棄教者に対するイスラム共同体の態度は、イスラム法の影響力の多寡によっているといえる。イスラム法の力が抑えられている場合棄教者への処罰は稀だが、多くのイスラム教国では今なおその状態まで至っていない。
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


簡単にまとめると以下のような感じらしい。

1.イスラム法の影響力の強い国
棄教者は死刑と明確に定めている所が多い。

2.イスラム法の影響力が弱い国
棄教者は死刑となることは極めて稀である。
(家族や隣人から私刑としての処罰は時々あったり。)

危険すぎる・・・
『創価学会の会員になっても、元の信仰は据え置きでいけます』
という路線で行ったとしても、危ない感じがします。
とてもキリスト教圏の国々のようには布教できない。
得意のお世辞外交で交流だけして、
布教はやめといた方が良さそうですね。

それにしても、創価学会での脱会への抵抗も、
2の国のイスラムのような印象だ。意識してないだろうけど、
イスラム教の要素を取り入れてしまっていたんだね。


そうそう、イスラム世界は家族制度で見ると、二つに分かれています。

ひとつは伝播の早かった地域
北アフリカ、西アジア、中央アジア
これはウマイヤ朝の領域に近く、家族制度は内婚制共同体家族です。

もうひとつは伝播の遅かった地域
東南アジアのイスラム圏です、
こちらの家族制度は、アノミー的家族なので宗教に寛容です。
どうしてもイスラム圏での創価学会拡大を考えるなら、
東南アジアを狙って行きたいところでしょう。
ただし、寛容なだけに何かと緩やかな面があり、
なかなか熱心な活動は期待できません。

コメントの投稿

非公開コメント

注意事項

ねま

Author:ねま
注意事項
中傷行為や信仰賛美などは、コメントの禁止や削除したりします。
活動家の方へ : 読むと不快に感じる場合がありますので、読まないことをお勧めします。

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
Translation(自動翻訳) 縦型文字版
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。