スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近所のヤブが困る、近所の創価学会が困る。

前回が長々とした記事になってましたので、
ここでひとつ、軽いものを書いておきます。

まずは、こちらをご覧ください。
小児科医のYosyan先生のブログより。

2008-02-20 ヤブ排除論に産科医が悲鳴
某所という事にしておきますが、近所のヤブが困るという話で盛り上がりました。ヤブと言っても少々腕が悪いというレベルの話ではありません。医師から見て、あれは問題と言うレベルの話です。おおまかですが、そこでまとまった困るヤブの定義として、

無謀な治療方針を強行、暴走して患者に被害をもたらし、その尻拭いを周囲の医療機関に押し付ける常習犯

とくに「常習犯」というところが重要で、同じパターンの被害例を量産するタイプと考えてもらえれば幸いです。医師にも失敗はありますが、同じ失敗を繰り返さないようにするのは基本だからです。

さらにと言っては悪いですが、ヤブと言っても繁盛しているヤブなんです。繁盛しないヤブは自然淘汰で消えうせるのであまり問題にはならないのですが、繁盛しているヤブにはこれを信用している患者がタップリいます。この辺は患者の視線と医師の視線の違いとしか言い様が無いのですが、現実はそんな矛盾する事が普通に起こっています。

繁盛しているヤブ
そんな団体を私もひとつ知っています。
皆さんはもう分かりましたか?
そうです、創価学会ですね。
最初から人気がなくて、繁盛しなければ
今ほどの迷惑団体にはならなかったんです。

「同じパターンの被害例を量産するタイプ」
創価学会も、このタイプですね。

Bugsy 2008/02/20 12:21
私は受験能力とヤブの発生頻度は関係ないと思います。まずは
思い込みの激しい医師
他人の意見に耳を傾けない頑固な性格を持つ医師
自分の診療に自信が強い医師
がなりやすいと個人的に感じます。
自信満々で語るがゆえに患者さんの信頼がまともな医師よりも強いといった現象もみかけます。

このくだり、
まるで熱心な活動家の例を見ているかのようです。
創価学会の場合は、もともとの性格だけじゃなくて
その上に、そういう方向に指導して(煽って)ます。
「創価学会」「思い込み」「激しい」で検索すると…
ほら、このとおり。
創価学会 思い込み 激しい の検索結果 約 147,000 件中 1 - 10 件目

「自信満々で語るがゆえに患者さんの信頼がまともな医師よりも強い」
この部分は分かる気がします。
患者の立場からすると、特に不安になっているときはなおのこと、
「こうしたら治ります」「これで大丈夫」
という風な、頼もしいことを聞きたい願望があるんですよねぇ。

しかし実際は、症例やデータ等から考えると、
ハッキリしたことは言えない場合が多いのでしょう。
そういった事実を元に誠実に説明すると、
患者としてはむしろ頼りなく感じてしまうというか。
かくして流行るヤブが続いていく…

創価学会の場合も、
自信満々で語る活動家は特にヤブ度が高い
と思っていたほうが良いですね。

Yosyan 2008/02/20 13:11
ヤブかヤブでないかの差はごく単純に見切り能力と考えています。普通の医師なら自分の能力、出来る範囲をよく心得ており、その範囲で診療を行います。この範囲は医療機関の能力にも依存しますが、これが広い医師ほど優秀としても良いと思います。

ヤブはその見切り能力が欠乏しています。見境なく突っ走り、なおかつ相当なところまで突っ走っても自覚がありません。ただヤブにも最低限の見切り能力はあり、極限近くまで至ってようやく「やばそうだ!」の感触が生まれ、周辺医療機関に丸投げします。

「見切り能力が欠乏」は活動家にもよくある事例です。
「出来ないことを出来ないと認める勇気」とでも言いましょうか
その勇気が大切です。












ちなみに、この記事には、現場の産科医の先生方から
ヤブを排除したら周囲の産科は共倒れになる という趣旨の、
悲鳴のようなコメントが多数寄せられていました。
産科情勢はとても厳しいようです・・・
スポンサーサイト

創価学会の海外展開を考える(東南アジア編)

創価学会の海外展開を考える(イスラム世界編)
こう書きました。

どうしてもイスラム圏での創価学会拡大を考えるなら、
東南アジアを狙って行きたいところでしょう。
こちらの家族制度は、アノミー的家族なので宗教に寛容です。
ただし、寛容なだけに何かと緩やかな面があり、
なかなか熱心な活動は期待できません。



東南アジアの国々といえば、
フィリピン、インドネシア、マレーシア、タイ、カンボジア、ビルマ 、ラオス
といったところがあげられるね。

この地域の家族制度はアノミー家族とされているんだ。

アノミー家族 では、
両性の関係が平等的で、
女性の地位が高く、
母系の権威が尊重されている。
アノミー的な状況、規則や規範の不在を表す。

母系権威の尊重は核家族システム共通の傾向で、
アノミー家族は、核家族の一形態だという。

相続と同居の特徴
-相続上の平等規則は理論的なもので、実際は柔軟
-結婚している息子たちと両親の同居は理論上拒否されているが、実際上は柔軟
  ・・・規則や指針はあるけど、実際の対応は柔軟でOKという緩いシステムだ。

この地域の宗教は、
フィリピンがカトリック、
インドネシア、マレーシアがスンニ派イスラム
タイ、カンボジア、ビルマ、ラオスが、上座部仏教(小乗仏教)
と様々だ。

宗教的に多様なこれらのアノミー国家は、 一定した規則に拘束されない核家族という類似した家族構造を有している。 人類学的に同一の圏域が宗教上分裂しているのも、 このアノミー家族タイプの分散的な性格の顕著な影響だ。 東南アジアが宗教的に分断されているのも家族構造と無関係ではない。

東南アジアと東アジアの境界線は、小乗仏教、大乗仏教を分けるが、
同時に小乗仏教に呼応する南のアノミー家族システム、
『ビルマ、タイ、カンボジア、セイロン』を、

大乗仏教を形成する北の密度の高い縦型のモデル
『中国、ベトナムの外婚制共同体家族、日本や南北朝鮮の直系家族』
から分けるものなのである。


タイ、フィリピン、マレーシアといった国々のデータ(表1)は、
他殺が頻繁であり、自殺が稀であることを確かに示している。
この観点では、南のアノミー的アジアは、
自殺が他殺よりも頻繁におこる
北の直系家族型(日本、朝鮮)と共同体型(中国、ベトナム)の
「縦型」アジアに対立するのである。

マレーシアの統計データ(表2)は、アノミー型文化と共同体型文化との興味深い比較を可能にする。 なぜならそれは同一の統計調査のなかでマレー系と中国系を区別して扱っており、 人類学的に根本的な多くの変数にしたがって両者の集団を識別できるようになっているからだ。

エマニュエル・トッド著「第三惑星」「世界の多様性」より



表1 (トッド作)

東アジア各国の自殺と他殺の比較

国名

自殺率※

調査年

他殺率※

調査年

マレーシア5.31973 - - 
フィリピン1.1197415.61974
タイ4.21970 - - 
香港12.319772.91977
シンガポール9.719778.11977
台湾13.61967 - - 
日本17.819772.61977
※人口10万人あたり
WHOの資料BE49・BE50より

表2 (トッド作)

 マレーシアにおける家族類型と自殺率の関係

 

自殺率※

調査年

複数夫婦世帯*

調査年

マレー系3.519736.7%1970
中国系7.6197315.7%1970
※人口10万人あたり
*複数夫婦世帯とは、二組以上の夫婦を含む世帯

表2はなかなか良いデータだけど、
表1はデータが不充分で、また古いので「今はどうかな?」という疑問を持った。
そんなわけで、あれこれ調べて表3と表4を作ってみた。

表3 (ねま作)

東アジア各国の自殺と他殺の比較

国名

自殺率※

調査年

他殺率※

調査年

フィリピン2.1

1993

7.59

2000

タイ7.8

2002

8.47

2000

香港18.6

2004

0.63

2004

シンガポール10.1

2003

0.57

 2003

台湾13.5

2002

- 

- 

中国13.9

1999

2.36

2006

韓国21.9

2006

2.18

2004

日本23.7

2006

0.44

2006

※人口10万人あたり
参考1:List of countries by suicide rate
参考2:List of countries by intentional homicide rate

フィリピンやタイは、自殺率が若干上がってしまった。
フィリピンについては他殺率が半減している。
昔のデータが無いから分からないが、
タイもひょっとしたらそうなのかも知れない?
香港、シンガポール、そして日本も他殺率が大きく下がっているが、
日本では自殺率は大きく上がってしまった。

表4 (ねま作)

マレーシアにおける自殺率

民族

自殺率※

マレー系(ブミプトラ)6
中国系15
インド系30~35
※人口10万人あたり

参考3:マレーシアの自殺率、民族別ではインド系が最多

マレーシアでも若干自殺率が上がってしまったが、
高い自殺率の中国系、インド系の国民と
自殺率の低いマレー系の違いはハッキリしている。


今回のまとめ

直系家族、共同体家族と、いずれも権威主義の家族システムを持つ、
東アジアは、日本や中国といった、
経済的、または政治的、軍事的な大国を含んでいる一方で、
個人を追い詰める傾向が強く、自殺率が高い。

これら権威主義の国は、
集団主義的な救済を追及する、大乗仏教を選んだ。


アノミー家族であり、自由主義の家族システムを持つ
東南アジアは、経済的、政治的、軍事的には重要度の低い国々ばかりだけど、
個人を追い詰める傾向が薄く、自殺率が低い。

これら自由主義の国は、
個人主義的な救済を追及する、小乗(上座部)仏教などを選んだ。

・・・どうやら、小乗仏教気質である東南アジアへの創価学会進出は難しそうだ。


例外的に、スリランカは10万人あたり自殺率21.6(2008年)と
高い数値となっていて、日本や韓国に近い。
スリランカに限っては、比較的見込みがあるのかも知れない。
と、思っていたらこんなのを見つけた。

新聞の3面記事によくこんなのが載る。
「中東に出稼ぎに行った妻が戻らないのを悲観して夫が自殺」
「中東に出稼ぎにいった留守に妻が不倫。
帰国してからも態度を改めない妻に悲観して夫が自殺。」


どうも・・・どうも日本の自殺とはタイプが違うよう。

創価学会の海外展開を考える(韓国編)

創価学会の海外展開を考えるシリーズも今回で八回目です。
今まで様々な国と地域を見ていきましたが・・・

欧州はダメ、アメリカはいまいち、ロシアもダメ、
中国・インドは大人口の割にはパッとしない。
イスラム世界は厳しい、南米も移民がいるのに拡大が少ない。
「・・・それじゃ、一体どこがいいんだよ!」
という声が聞こえてきそうです。

でも大丈夫!
ちゃんと創価学会に向いた国はありますよ。

それは韓国です。
釜山市の東西大日本研究センターの調査によると
韓国には148万人(公称)のSGI会員がいるとのこと。

和光新聞(韓国版聖教新聞)もあるし、
韓国版財務や韓国版署名運動もあります。
となると韓国に公明党が無いのが惜しいですね。
凄い功徳(ご利益)があるはずの、選挙運動が出来ません。


さて、韓国は直系家族社会です。

韓国の人口は、4800万人
このうち148万人がSGI会員となると、人口の3%。
日韓を除く世界では、人口の0.1%の会員獲得がやっとです。
韓国の会員獲得数は、通常のSGIの30倍の水準にあたります。
「大勝利!」と言ってよさそうです。

韓国は、直系家族型宗教である創価学会の布教に向いているんです。
しかし、これ以上にドンドン増えるかというと・・・さすがに期待薄でしょう。

ところで、韓国の北にも似たようなサイズの国がありますね。そう、北朝鮮です。
こちらの方は金一族の人が頑張っていて、今は手が出せません。

しかし、北朝鮮も直系家族社会です。
現体制が崩壊して、布教ができるようになればどうでしょう?
その場合は韓国以上に見込みがあります。

直系家族社会で、貧しくて、インターネットも普及してなくて、
従えられることに馴れた
・・・そんな国民は創価学会にとって理想的です。
まさに北朝鮮は、創価学会にとって最後の楽園となる可能性があるのです。

日本と韓国(北朝鮮)…いずれも直系家族社会です。
創価学会が繁栄するのは直系家族の領土の上においてなのです。

自由と平等を重視する、平等主義核家族の社会
自由と不平等を重視する、絶対核家族の社会
これらの自由主義の価値観を持つ社会や、
権威主義であるものの、平等を重視する共同体家族の社会、
こういった国々で創価学会が拡大するのは、物凄く困難なことなんだ。

創価学会の海外展開を考える(ブラジル編)

ブラジルは、
南アメリカ大陸最大の領土、人口を持つ国です。

人口 約1億9,400万人(2008年国連統計)
宗教 キリスト教(カトリック約74%、プロテスタント約15%)
(2000年地理統計院)
出典:外務省



日系人の多いブラジルには、日系の宗教が多く進出している。

ブラジル世界救世教の公称信者数40万人
ブラジル生長の家の公称信者数250万人

それなら、

日本で勢力の大きい創価学会なら相当な信者数に?

ところが、

ブラジル創価学会の会員は15万人と、人口の0.1%にも満たない。

ブラジルは世界最大の日系人居住地で、現在約150万人の日系人が住む。
こちらを基準にみると、日系人の10%が会員なのかな?
と思いそうだけど、ブラジル創価学会は非日系人が90%を占める。
日系人の創価学会会員が1万5千人となると、日系人社会の1%でしかない。

どうしてこうなったのか?それは、

創価学会の強烈な折伏活動で、ブラジル日系社会との摩擦が生まれ、
創価学会は摩擦を避けるため、二つの方針転換を行った。

1.日系人布教→非日系人布教
2.折伏路線→文化活動重視

ということのよう。

明治学院大学教授の渡辺雅子先生によると、ブラジルの日系宗教は、

世界救世教(布教開始1955 年・信徒31万人・非日系人97%)
創価学会(布教開始1960 年・信徒15万人・非日系人90%)
霊友会(布教開始1975 年・信徒8万人・非日系人60%)
出典:ブラジルにおける日系新宗教の展開


となっている。一方、

【BRASIL NEWS】ニッケイ新聞メルマガ版 43号 では
ブラジル地理統計院(IBGE)の二〇〇〇年度国勢調査を元に、

世界救世教
  109,311人
生長の家
   27,784人
PL教団
   5,465人
天理教
   3,786人
真光
   3,054人
ハレ・クリシュナ(インド系)
   1,679人

となっている。

ブラジルでは国勢調査で○○を信仰しています、と答えるんですね。
生長の家は公称人数と比べると、水増しが大きいのでしょうか?
そもそも創価学会はどこへ消えたんでしょう?霊友会もありません。

先ほど紹介した、渡辺雅子先生によると

創価学会は日系新宗教のなかでは唯一入信に際して
これまでの宗教からの離脱を求めるが、
カトリック教会に対しては柔軟路線をとる。
出典:ブラジルにおける日系新宗教の展開


とありますから、
基本的に日系新宗教には、元の宗教はそのままで入れる。
だから宗教を変えた認識がない。そういうことでしょうね。

しかし、
「カトリック教会に対しては柔軟路線をとる。」って、
ブラジルは、カトリック約74%でしたよね…

さて、創価学会以外の国勢調査結果については説明がつきそうですが、
ブラジル創価学会の会員も調査に答えてないということなんでしょうか?
これはちょっと分かりません。

まとめ

ブラジルをはじめとする南米諸国は、
平等主義核家族の社会であり、
日本のような、直系家族社会と対極にあります。
直系家族社会に適応した創価学会の考え方は、
南米諸国には受け入れがたいものです。

世界最大の日系人居住地である有利さにも関わらず、
人口の0.1%にも満たない会員数を考えると、
ブラジルに創価学会は馴染まないと見えます。
注意事項

ねま

Author:ねま
注意事項
中傷行為や信仰賛美などは、コメントの禁止や削除したりします。
活動家の方へ : 読むと不快に感じる場合がありますので、読まないことをお勧めします。

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
Translation(自動翻訳) 縦型文字版
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。