スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創価学会の海外展開を考える(ロシア編)

ロシアの家族制度を確認しておきましょう。
ロシアは外婚制共同体家族です。
外婚制共同体家族の基本的価値は権威と平等です。
共産主義との親和性の高さが指摘されていましたね。

さて、権威主義ということなので、
アメリカと違って、ロシアなら創価学会的な権威主義が通用しそうな気がします。
創価学会も、三十年以上の昔からロシアと接触を持っている。
それなら、ロシアで大きな拡大はあり得るのかな。

しかし、ロシアで信教の自由が認められてから二十年経つ、
にもかかわらず会員が多くないということは、どういうことだろう。

ではまず、ロシアの宗教について見ていこうか。

強い国家を目指すプーチン時代に、新たな役割を担い、完全復活を遂げているのがロシア正教だ。格差が広がるロシアでは庶民の荒廃が猛スピードで進み、各地の教会には連日悩みを抱えた人たちが殺到している。

極寒の12月、モスクワ市の繁華街の教会では、ホームレスや年金生活者が給食サービスに列をなしていた。また教会の救済講座には、家族を捨て犯罪に走った中小企業の元経営者や、生きる望みを失ったソ連時代の著名科学者らが神に助けを求めてもがいていた…。

さらなる求心力の強化を狙う政権側は、このロシア正教に接近。
教会側も、小学校での愛国道徳教育や独自メディアを使った大量布教を目指してまい進している。番組は、ロシア正教に救いを求める庶民たちに完全密着し、人々がロシアの伝統に回帰し、強い国家を求め始めている現実をルポルタージュする。

NHKスペシャル
揺れる大国 プーチンのロシア
失われし人々の祈り ~膨張するロシア正教~


ロシアで宗教といえばロシア正教会、ロシア国民の七割が正教徒だそうだ。
ロシア正教は、24時間体制で、「電話相談」をしている。
病気の老人など、生きることに困っている人からの電話は鳴り止まない。
また、アルコールや麻薬中毒者のためのセミナーも行っている。
ホームレスを見つけ、病院に送ることもしている。

一方、ロシア正教 軍事愛国団キャンプでは小中学生ほどの少年も指導を受ける。
祈りの後に元特殊部隊兵士を教官として、カラシニコフ銃を持っての訓練となる。

創価学会がロシアで大規模に拡大するためには、
このようなロシア正教に対抗する必要がある。
電話相談や給食サービス、アルコール中毒セミナーなどは
創価学会もやればできるだろうが…
少なくとも会員から組織への一方通行の援助、
というやり方ではいけないようだ。
実際やり始めると、日本国内でもやれよという話が出るのかな?

軍事訓練はさすがに…いや組織の体質を考えると
やれば出来るんだけど、あんな露骨なのは無理だからね。



次にロシアの指導者について見てみよう。

創価学会の指導者といえば池田大作氏。
ロシアの指導者といえば、プーチン首相。
プーチン首相については、最近のニュースをあげてみた。

2009年06月25日
「ロシア最強の男」プーチン首相、スーパー電撃視察で値引き指示
 魚拓 

2009年06月08日
プーチン首相、ペン放り出して財閥社長を震え上がらせる 
魚拓

2009年08月02日
「タフガイ」プーチン首相、世界最深の湖底に潜水
 魚拓

2009年08月05日
プーチン露首相、今度はシベリアで「タフガイ」全開
 魚拓

創価学会の力を持ってすれば、こんな指導者にも対抗でき・・・無理があるか。

現実的には、創価学会が本格的に拡大し、ロシアの新たな権威となるよりも、
プーチンやロシア政府、ロシアの大学や学者、ロシア正教といった、
ロシア既存の権威に協力しながら細々とやっていく方が良さそうだ。

ロシアでの創価学会も大きな拡大は見込めそうにない。

追記 2009/12/13

相談63 ロシア人女性に結婚を迫られています
 相談要旨
ロシア事情に詳しい佐藤さんに、恥を忍んで質問します。外人バーで出会ったロシア人女性と恋をしていて、猛烈に結婚をせがまれています。そのコのビザの期限もあまりありません。これは危険な恋なのでしょうか?
 コイポン(男性 29歳)

結論から言うと、このロシア娘との結婚はお勧めできません。(中略)
ロシア人の場合、経済的に余裕のある者が一族郎党を支援するのは当然のこととされています。このロシア娘は日本に出稼ぎに来ているので、本国で経済的に必ずしも恵まれた環境にはいなかったことが想定されます。

したがってコイポンさんが結婚すると「両親が新しいアパートを買うので、送金してほしい」とか「従姉妹が結婚するのでご祝儀が必要だ」などという話が日常的になるはずです。断ろうものならば、「ドケチ、人間のクズ」などとそのロシア娘から、散々罵詈雑言を浴びせられることは必至です。

このロシア娘がコイポンさんを利用しているのではありません。ロシア人の文化では、もてる者がもたざる者を支援するのは当たり前だからです。ロシア娘にとって、この結婚の動機が打算であることは確実です。(中略)

もっとも、このロシア娘が薄情というわけではありません。結婚後、コイポンさんが無一文になって、この娘と一緒にロシアに渡ったとします。その場合、ロシア娘の親戚が、特に恩着せがましいことは言わずに面倒を見てくれます。ただし、ロシア人の平均所得水準は1か月3万円程度です。
(以下略)
 『インテリジェンス人生相談 社会編』(佐藤優 著)より

佐藤優氏は、創価学会への認識は甘いのですが、
ロシアに関する知識は強いと見てよいと思います。
ロシア人創価学会員が経済的に困難に陥った場合は、
食料の配給などの支援をしなければ、
創価学会はロシア人の怒りを買うことになりそうです。
スポンサーサイト

創価学会の海外展開を考える(アメリカ編)

創価学会の民主化は不可能、こう言う人がいる。
私もそう思う。ただしそれは、日本国内に限るけど。

およそ五十年前、
池田大作氏は創価学会の海外展開を考え、アメリカに渡った。
このとき既に、アメリカ軍兵士の日本人妻を中心として、
ある程度の会員がアメリカにいたが、言葉の壁もあり、当分の間、
アメリカ創価学会の会員は日本人・日系人が中心だった。

ようやく、アメリカ人への布教が始まると、
創価学会は思いもよらぬ問題に直面した。
アメリカ人会員から民主化要求があがり始めたんだ。

当初、アメリカSGIは日本の直系家族的な組織形態を、
そのままアメリカに持ち込んでいた。
しかし、アメリカ人会員が増えるにつれ、
アメリカSGI上層部の中央集権的なやり方に対し、
アメリカ人会員から批判が集まるようになった。
こういった批判を上手く丸め込むことが出来なかったようで、
アメリカSGIも、やむなく中央集権的な運営を見直し、
活動の中心を中央本部から地域のグループへと移した。
アメリカ人になじみのある、会衆派的なものを取り入れたんだ。

会衆派教会

会衆派教会(かいしゅうはきょうかい/Congregational Church)は、
キリスト教のプロテスタントの一教派で、
他に会衆派、組合派、組合教会とも。
各個教会の教会政治において、
会衆制とよばれる教会員の直接民主制に近い制度を採ることが特徴で、
各個教会の独立自治を極めて重視する。

概要
各個教会は、イエス・キリストへの信仰において、
それぞれの教会と契約関係(covenanted)で集まっている
人々から成り立っている。
各個教会はいかなる信仰的・世俗的権威からも自由に
ただ神の感化によって信仰と生活との規範を定め、
実践するものであるとされる。
それこそが初代教会が実践し、
新約聖書に証されている教会制度であるという
会衆派教会の自己理解によるものである。
また、宗教改革の流れに属するものの、
いかなる教会的・教理的信条にも拘束されない自由を尊重する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 

ぽんきちさんの指摘により削除


会衆派的な仕組みには、
絶対核家族の、自由主義の価値観が良く表れている。
上からの支配は否定し、自由と独立を重んじているんだ。

また、アメリカ人会員からは、
「幹部登用手続きが非民主的だ」「有能な女性を役職から排除している」
とも批判され、アメリカSGIはこれらも改善を余儀なくされた。

かくしてアメリカSGIは、
権威からの自由、中央からの独立、組織運営の民主化といった、
およそ、創価学会らしくない要素を取り入れて行ったんだ。

日本でもそうすればいいじゃない、と思う人もいるだろう。
だけどこれは、アメリカという絶対核家族の国だからこそ出来たことなんだ。
会衆派的教会の起源があるイングランドや、その植民先である、
カナダ、オーストラリア、ニュージーランドといった国々は、
絶対核家族の国だから、アメリカSGIと似たような経緯をたどるだろう。

しかし、直系家族を維持したままの日本では無理だ。
なんだかんだと指導で丸め込まれて終わってしまう。
日本人の所属組織との関係性が、それを許してしまうんだ。

追記 2009/12/14
アメリカSGIの機関紙には、
ワールド・トリビューン(アメリカ版聖教新聞・週刊誌)と、
リヴィング・ブッディズム(アメリカ版大白蓮華・月間誌)があるが、
会員数の参考にし易いのは、リヴィング・ブッディズムの方だろう。
ワールド・トリビューンの方は、日本の聖教新聞のように、
多部数購読することがあるからだ。

近年の調査では、リヴィング・ブッディズムの発行部数は約3万5千部。
一家族あたり1.6人のSGI会員がいることから、
アメリカには約5万6千人の読者(SGI会員)がいると見られる。
参考:フィリップ・ハモンド、デヴィッド・マハチェク著「アメリカの創価学会」

シュレーバー症例に見る、創価学会教育の落とし穴

創価学会の家庭においては、
しばしば、子供の自由意志が徹底的に否定され、
信仰の押し付けが、とても酷いものになることがある。
一方で、そうでない学会家庭もある。
この原因について、十九世紀ドイツにおける教育の例をあげて説明したい。

ドイツの哲学者、フィヒテは十九世紀の始めに行なった講演
「ドイツ国民に告ぐ」の一部で以下のように主張した。
「現在の教育の誤りは、生徒の自由意志を尊重していることにある。
あらたな教育においては、生徒の自由意志を完全に破壊しなければならない。」
と、明確に自由意志を否定しているんだ。
他にも、「真の人間たりうるのは、ドイツ人だけである。」とも主張し、
民族のための自己犠牲をも説くなど、選民思想的な面も見せている。

もちろん、
「真の人間たりうるのは、創価学会の会員だけである。」
「創価学会のための自己犠牲をも説くなど」
なんて置き換えると、お馴染みの主張になる。


さて、十九世紀の中頃には、ドイツの教育学者たちは、
フィヒテの原理に沿った子供の教育方法を論じた著作を発表するようになった。

その中のひとり、ライプチヒ大学の医学教授
ダニエル・ゴットリープ・モリッツ・シュレーバーは、
体操による教育の実践に関する本を出版している。

そして彼の息子は『ある神経病者の回想録』の著者、
ダニエル・パウル・シュレーバーだが、シュレーバーの兄は自殺していて、
ダニエル・パウル・シュレーバー本人は統合失調症となっている。
この事実からは不気味な印象を受ける。
シュレーバーの育った家庭はどんなものだったのか、
教育実践の本を出版するような、おそらく教育熱心だっただろう父親から、
受けた教育はどんなものだったのか。

これについては、魂の殺害者という本で詳しく説明されている。

魂の殺害者―教育における愛という名の迫害 同魚拓 
著者:モートン シャッツマン
内容説明
D・シュレーバーは、幼児期に父親の異常なしつけを受けて育った。
その幼児体験が大人になった彼を狂わせる。
子どもの心理に及ぼす親の教育の影響を鋭く分析した名著。

前袖より
彼の狂気の根源は、幼児期の厳格な父の教育にあった。
愛ゆえに子供を独裁し迫害してしまう教育熱心な親が、
子供の心理にどのような影響を及ぼしたのか。


また、反形而上学者という方の書評はこうだった。

本書で書かれている
シュレーバーが生まれてからされてきた教育には戦慄すら感じる。
これでは、誰でもオカシクなってしまうであろう。


医学的な問題であるので、
シュレーバー父がシュレーバー息子の精神疾患の原因である、
と断定してしまうことには慎重でありたいが、
とても無関係であるとは言えそうにない。

シュレーバー父の著作のひとつは40版を重ねていて、
影響力のある人だとみられる。
こういったことと、この時期のドイツ(プロイセン地域)で、
乳児死亡率(千人当たり)が大きく悪化していることから、
彼の教育法の犠牲者は息子たちだけではないと見ている人もいるようだ。

プロイセンでは、1816年-1820年期から 1871年-1875年期までで、
乳児死亡率が 168‰ から 224‰ に悪化する。
同時期、同じ直系家族のスウェーデンでは
176‰ から 134‰ へと健全に低下する。
出典: エマニュエル・トッド著『移民の運命』


ここで創価学会の話に戻ります。

創価学会の会員家庭には、
親(その他養育者)が、信仰の名において子供の自由意志を否定し、
その破壊を試みるケースがしばしばみられる。
(もちろんバリバリの活動で忙しく、子供が放置される場合もあるが。)

典型的な直系家族であれば、親は子の教育に熱心となるが、
日本人の直系家族の上に、創価学会の直系家族的考え方が上乗せされた場合、
その権威主義は病的なレベルにまで到達し、
家庭教育によって子供の精神を破壊することになりかねない。
直系家族社会において、さらなる権威主義の強化は危険なんだ。

もちろん極端に自由な教育も弊害があるだろう。
だが、本来的に権威主義である、直系家族社会にあっては、
権威主義の強化により、子供の自由意志の破壊され、
将来に渡る悪影響が残されることの方を、より警戒する必要があるだろう。

もちろん平等主義核家族絶対核家族などの自由主義の家庭であれば、
子供の自由意志が尊重されやすいので、こういった警戒をする必要性は薄い。
しかし、あいにく日本は直系家族制の国なんだ。

信仰のために子供を迫害し、魂の殺害者となってしまう親(その他養育者)。
このような、創価学会の家庭教育の落とし穴は、いつになったらふさがれるのか。

追記
エマニュエル・トッドはその著書「第三惑星」「世界の多様性」の中で、
『権威主義家族(直系家族)は、神経症を製造する機械なのである。』
と、はっきり語っている。

もし日本で権威主義家族(直系家族)が減少していけば、今回のような問題は減り、
また創価学会の衰退も招くのだろう。

創価学会の海外展開を考える(欧州編)

Soka Gakkai International
SGIは、192カ国に公称170万人の会員を持つ

韓国SGIの会員は公称120万人
アメリカSGIの会員は公称30万人
 (ただし、機関紙などの発行部数から見ると実数は5万人前後)
世界人口は2009年現在で68億人。
このうちわずか1%を会員にするだけで、
6800万人の創価学会会員が生まれる。

創価学会は、もう何十年も前から海外に手を広げている。

なのに、公称ですら僅か170万とは、
この行き詰まりぶりはなんだ?

創価学会は、あまりにも日本人向けに特化しすぎた。
そういうことじゃないかと思う。

直系家族社会が、創価学会を支えてきた。
他国に大規模な進出を考えるなら、
直系家族制の国がベストになる。
間違っても平等主義核家族とかはダメだよ。

たとえば、

自由と平等を重視する、平等主義核家族の主要国は、
フランス、イタリア、スペインあたりになるけど、
どういう国か確認しておこうか。

2007年6月29日
フィアット従業員が生産ラインを放棄
イタリア南部シチリア島にあるフィアット工場で、工場従業員が猛暑のために作業を放棄し、家に帰ってしまう事態が発生した。


2009年06月01日
収集作業員のストで、ごみあふれる市街 イタリア・パレルモ


2009年04月09日
解雇手当に不満の従業員らが幹部を監禁、フランスの接着剤工場


2009年1月29日、全面ストライキ (フランス)

2008年06月12日
空のガソリンスタンド、たなから消える生鮮食品……スペインのストライキ続報



簡単に例を挙げてみたけど、こういう国で会員が増えても、
創価学会の日本人会員と違って、ものすごく上に反抗的になるよ。
創価学会は師弟不二といって、名誉会長と学会員の上下関係を強調するけど、
自由と平等の国では、「上下じゃなくて対等」という考えになる。
これじゃ学会組織の方がヤケドしそう。手を焼くどころじゃない。

労働者が強い国じゃ、創価学会は力を持てないんだよ。

フランスのとなりに直系家族のドイツがある。
本来で言うと狙い目なんだろう。
でも、ここもストだなんだと労働者の力が強い。

ドイツでの医師ストライキ

ドイツも三月革命の頃からフランスなど欧州内の他国の影響を大きく受けてる。
そういう風に見ていくと、ヨーロッパでの創価学会拡大は、どうにも無理がある。

その国における創価学会の盛衰が、
家族制度によって決まるだけでなく、

その国の労使の力関係が、
創価学会の組織と会員の関係を決める。
そう見ていいだろう。

創価学会の衰退について

創価学会と直系家族制、第四回は、
>本来ありえなかったはずの揺らぎが創価学会に起こってきた。
で終わった。

これで、創価学会はどんどん衰退していくんだ、となるかと言うと、
そうはならないと思う。

創価学会的なものを支えてきた、直系家族制は温存されている。
このところ創価学会は衰退傾向にあり、今後もこの傾向は続きそうだが、
直系家族制が崩壊しない限り、劇的な崩壊は考えにくい。
また、創価学会が無くなったとしても、創価学会的な団体は何度でも生まれる。

(ただし、直系家族制が絶対的でなくなって来ていることと、
インターネットでの情報交換が活発になっていることを考えると、
直系家族制の強化や、インターネットの検閲ができない限り、
最盛期の創価学会のような大きな勢力は持ちそうに無い。)

さて、直系家族が創価学会的なものの温床となるのなら、
直系家族制と手を切ればいいと思いますか?
直系家族なんて、いいことないんだからって。

直系家族が悪いことばかりなら、問題は簡単なんだけど・・・
いい面もある。
そして、いい面とも手を切らなければ、直系家族はやめられない。

秩序ある社会、家族や社会集団の結束の強さ、
清潔で治安の良い町、教育への熱心さ、
私たちは、こういったものを手放せるだろうか?

Do you know SGI?

アメリカで日本のイメージを悪くしている創価学会員について,彼らがどのようにすれば日本のイメージを悪くしないようになると思いますか?
 Yahoo! 知恵袋より 同魚拓

私の友人のアメリカ人に対して,
日本文化の説明のために「日本は仏教国なので」とか
「仏教」という言葉を少しでも出すと,
ものすごい嫌悪感をしめします。どうしてだろう?
とわけを聴いてみたら,「Do you know SGI?」という言葉が返ってきて,
どうやら創価学会の存在で「仏教」と聞くだけで
嫌悪的になってしまっていることがわかりました。
そして,オバマ大統領が就任直後の演説で
「アメリカは,キリスト教,・・・ヒンズー教徒の国だ」
と言って「仏教」をはずしたのも,
創価学会のメチャ悪イメージによるところが大きかったそうです

日本に交換留学で来てみたら,創価学会がコマーシャルでも流れてるし
公明党は大手を振ってるし・・と,創価学会の存在によって
日本のイメージはメチャ悪くなってしまってる様子でした。
もちろん,それ以外の日本の文化とかあらゆることは好きなのだが,
創価学会をここまで社会的に許容している
日本人・日本社会は信じられんとの言葉もありました。


オバマさんが、「仏教」をはずした?
イスラムやヒンズー教だっていれられてるのに?
またまた、そんなことあるわけが・・・確認してみるか。

オバマ大統領就任演説より
"We are a nation of Christians and Muslims, Jews and Hindus - and non-believers."

Buddhismは?無いよ…仏教無いよ…
巻き添えになっちゃってるの?あんまりだよ。

創価学会と覚醒剤

ある意味、覚せい剤宗教だなと思います。


今日は、(創価学会についての)この言葉にお答えしたいと思います。

覚醒剤…ですか。アッパー系ですね。
覚醒剤は日本人向きのドラッグだ、と考える人もいるようです。
そもそも、ドラッグはアッパー系とダウナー系があります。
アッパー系は、バリバリ系の薬。精神を高揚させます。
ダウナー系は、のんびり系の薬。精神の興奮を抑制します。

戦争が終わって、あるていど経済的に豊かになってきてからも、のんびり系の薬でなく、無理して働いたり、無理して遊んだりできるようになる、バリバリ系の薬が流行るのは、いかにも日本人らしいというわけです。

覚醒剤の助けで戦闘に臨む米軍兵士たち
第二次世界大戦、ベトナム戦争、湾岸戦争を通じて、
兵士たちに大量のアンフェタミンを配布し続けてきた米国防省は、
これは無害なだけでなく役に立つと主張して、
この習慣を変えようとしない。


覚醒剤について
まったく不思議なクスリである。
まるでこの社会が奨励する人間の資質は、
すべてこのクスリのなかに詰まっているんじゃないか、
と思えるほど要求に合ったものばかりを次々と生み出すのだ。
例えば、就職面接の時に要求される積極性、バイタリティ、快活さ
といった資質はこのクスリ一本ですべて身につくし、
受験勉強で要求される集中力・持続力も手に入る。
第2次世界大戦で各国軍に大々的に活用されたこのクスリは、
現代の戦争である受験戦争や就職戦線にも絶大な効果を発揮するし、
企業”戦士”などにも必需品となりうる。
やはりいつの時代でも、戦争には覚醒剤が合うらしい。
いや、戦争に限った話ではない。
日本の社会そのものが、覚醒剤を禁止しながら、
一方ではなぜか覚醒剤が生み出すような資質ばかりを
強く強く人々に要求してきた。そんな倒錯も、
このクスリを奇妙な位置に押し上げた原因のひとつだ。


創価学会の言葉
「仕事は三人前、信心は一人前」
まともにやると、過労死、過労自殺、うつ病などを誘発しそうです。
仕事がおろそかになりがちだったことから、
出た指導である面はあるとおもいますが、
日本以外ではなかなか通用しない言葉でしょう。

日本社会は、その構成員に無理なことを期待した。
ある人は、無理だとあきらめ、またある人は無理に答えようとした。
無理に答えようとしてとった方法は、やはり無理なものだった。
その答えとして、生まれ育ったもののひとつは、創価学会だった。
そういった面もあるのかも知れません。

しかし、あくまで一面であって、
そういった視点では、創価学会の一部しか説明できそうにありません。

さて、選挙の記事で一時中断しましたが、
創価学会と直系家族制シリーズはもう少し続きます。

公明党比例区は、なぜ20議席に減らなかったのか?

2009年衆院選、
議席全滅に注目が集まった小選挙区とは対照的に、
安定感を見せた公明党比例区について見てみましょう。

公明党の比例区での総得票数

98参 7,748,301票
00衆 7,762,032票
01参 8,187,804票
03衆 8,733,444票
04参 8,621,265票
05衆 8,987,620票
07参 7,765,324票
09衆 8,054,007票 New!

公明党比例区
05衆 23議席
    ↓ 
09衆 21議席

約90万票、おおむね一割の得票減です。
議席の一割減(2議席減)は妥当に見えます、しかし…


民主と「みんな」の比例議席、他党へ 4議席「譲渡」(asahi.com魚拓)
近畿ブロックで民主は、(中略)重複候補41人が小選挙区で当選。比例区の当選者が足りなくなった。(中略)この結果、自民の谷公一、谷畑孝両氏と公明の赤松正雄氏の計3人が「棚ぼた」で議席を得た。他党への「議席譲渡」は前回05年にもあった。比例東京ブロックで8議席分の得票を獲得した自民の候補者が足りず、1議席が社民に流れた。


はい!
良く分かりました。
公明党比例区は、自民の選挙協力だけでなく、
民主のアシストも受けていたんですね。
公明党比例区の議席は、このように、
与野党の枠を超えた選挙協力で出来ています。
…このことは、「民主党は自民党の失敗から学習していない
ということを示唆しているように見えます。
というか、自民の3倍の規模でやらかしてます。
今後も、こんなドジっ子ぶりでやっていくんでしょうか?

続きを読む

注意事項

ねま

Author:ねま
注意事項
中傷行為や信仰賛美などは、コメントの禁止や削除したりします。
活動家の方へ : 読むと不快に感じる場合がありますので、読まないことをお勧めします。

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
Translation(自動翻訳) 縦型文字版
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。