スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワクチン政策は、政党の宣伝には向かない

健太君 「タイヘンだよ、ワクチンに何かあったみたい」

先生「おいおい、何があったか説明してくれよ」

洋子さん「もしかして、これのことかしら?」



東京新聞
子宮頸がんワクチン 接種呼びかけ中止へ 副作用報告を重視
2013年6月15日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013061502000105.html
http://megalodon.jp/2013-0620-1035-05/www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013061502000105.html

 厚生労働省は十四日、子宮頸(けい)がんワクチンの接種を積極的に呼び掛けるのを一時中止するよう、全国の自治体に勧告した。接種対象者への案内送付などは取りやめるが、効果を重視して接種を希望する人のため、ほとんどの自治体で無料で受けられる定期接種からは外さない。
 副作用情報を基に安全性を検討する厚労省の専門部会が同日、症例数は少ないが接種によって長引く激しい痛みが起きている可能性が高く、実態解明が進み、適切な情報提供ができるまで積極的に勧めるべきではないと結論付けたことを受けた。



健太君 「それなんだよ!どうもキツ目の副作用(副反応)があったみたいなんだ」

先生「何かまずいことがあったなら、ひとまず様子見するのも良いんじゃないかな」

洋子さん「こういうの見ると、摂取しづらいわね…」

健太君 「ワクチンなんて打たない方が良かったんだね、先生」

先生「ちょっとまった。そう決めつけるのは早いぞ」

健太君 「先生、どうしてだよ…推進した人達が悪いって方向にもってくんじゃないの?」

先生「そもそも子宮頸がんというのは、どんな感じの病気だったかな?」

健太君 「わかんない」

洋子さん「だいたい毎年2000人ぐらいの死者がでてる病気よね。」

先生「そうなると、『何か対策が欲しい、ワクチンが効くならワクチンを』ってなるのも自然なんだよ」

健太君 「それはわかるけどさ、なんていうか…うまく言えないや。」

洋子さん「病気のリスクを避けようとして、ワクチンのリスクに遭ったんじゃ、納得いかないってのはあるわね」

先生「ふむふむ、それって自然な感情だよね」

健太君 「当然だよ!それで先生、どうしたら安全なんですか」

先生「あいにくだがな、健太君、安全はどこにもないよ。」

健太君 「えっ!そうなの?」

洋子さん「ワクチン接種しなければ、病気のリスク。接種すればワクチンのリスクがあるってことよね…」

先生「ちょっと大雑把だけど、そんな感じだな。ワクチン接種については基本的にそういうことになる。」

健太君 「なんだ、どっちも危険なら、ワクチンの意味ないじゃないか」

先生「あっちの危険とこっちの危険、どっちのがいいですかって感じだな、安全はどちらにもないよ」

洋子さん「ただし、こういうのって、ワクチン接種する方がマシなリスクなのよね。」

先生「そのとおり」

健太君 「わかるけど、先生。確率低いっていっても、自分が当たったら納得いかないよ。」

洋子さん「心情的には難しいわね…大人なら、自分の子どもに接種させることもあるし。」

先生「危険はゼロでないと、知りながらの苦い選択になるな。こういうのは」

健太君 「むむむ、ムズカシイや」

洋子さん「せんせい、話は、一段落したわけだけど、これで終わりじゃないんでしょう?」

先生「そうだよ、良くわかってるな。」

健太君 「へー、そうなんだ」

先生「こういうワクチン政策というのは、批判にされされやすいんだ。」

健太君 「接種させなければ批判ないんじゃないの?」

洋子さん「それだと、無策だって批判になりそうね」

健太君 「うーん、そっかあ…じゃあ接種させればいいのかな?」

洋子さん「そうすると、いずれキツ目の副作用(副反応)が出て批判になりそうよ」

健太君 「どうすりゃいいんだろ」

先生「むずかしいね、接種は個人の自由だけど、いざそういうことになって、
ワクチン接種を国や政党が呼びかけたり、補助金を出したりしていたなら…」

健太君 「問題にされる?」

洋子さん「本人が接種を決めたとしても、勧めた国や政党にもそれなりの責任はかかってきそうね」

先生「うーん、公明党そのものも、業績の宣伝に使ってきたからなあ」

健太君 「手柄だけ自分のもので、悪いことあったら人のせいって風には…いかないかあ…」

洋子さん「確かに、自信もって宣伝してきたようね」


公明党ホームページより

25年度から定期接種に子宮頸がんやヒブなど
公明が推進、厚労省部会が提言
https://www.komei.or.jp/policy/result/lately/20.html
http://megalodon.jp/2013-0620-1036-22/https://www.komei.or.jp:443/policy/result/lately/20.html

子宮頸がんはヒトパピローマウイルスの感染が主な原因であることが分かっており、ワクチン接種と検診で、ほぼ予防できるとされる。(中略)そのため、公明党が公費助成を強く主張し、11年度には、ほぼ全ての自治体で公費助成が実施されるまでになった。

女性の健康を応援する公明党の政策
公明党が推進! 子宮頸がん予防ワクチンの公費助成が実現するまで
http://www.komei.or.jp/policy/cervicalcancer/government/202.html
http://megalodon.jp/2013-0620-1039-30/www.komei.or.jp/policy/cervicalcancer/government/202.html
子宮頸がん予防ワクチン早期承認への本格的な動きは、2007年9月、神奈川県平塚市の公明議員が「日本はワクチンの承認が遅れている。早期承認を国会で取り上げてほしい」と松あきら女性委員長に要望したことから始まっています。
(中略)また、公費助成を求める署名活動を展開し、350万人もの声を国に届けました。
(中略)公明地方議員の活躍によって全国各地でワクチン接種への公費助成が続々と実現したのです。



健太君 「おやおや、ホントだ」

先生「大勢の人にワクチン接種がはじまり、副作用(副反応)もいくつか出て、さらに予想よりキツ目の副作用が出ても…まだ、接種しないより、確率的にはマシという場合は多い。だけど…」

洋子さん「業績として宣伝してたら、後で印象悪いわけね。」

健太君 「印象悪いとなると、次の選挙では創価学会の人もあまり公明党に投票しなくなるかな?」

先生「そこはほら、上手いこと説得できるようになってるから、ほとんど響かないかなあ」

洋子さん「うーん、一般の人にとってはどうかしら」

健太君 「一般の人って、もともと公明党に投票してないような」

先生「だよなあ」

洋子さん「でね、このワクチン政策そのものはどう思ってるの、先生」

先生「まだ様子見かな。やらないよりはマシかなぐらいに落ち着くんだろうけど。ただ良い政策と見ても、誰かの犠牲はやむなしとした、ほろ苦い政策ではあるから」

洋子さん「宣伝には向いてないなって?」

先生「そういうことだね」

洋子さん「あともうひとつ、私はどうしようか」

先生「洋子さん、素人の意見聞くのはほどほどにして、医師の先生に相談した方がいいな。そして最後は自分で決めるしかないだろうね」

洋子さん「やっぱりそうなっちゃうのね」
スポンサーサイト

出家のオウム、在家の創価

健太君 「たいへんたいへん!」

先生「どうしたんだい?」

健太君 「ニュース見たらオウムの人捕まったって。」

先生「なんだそんなことか、健太くんが困ることはないだろ。」

健太君「ぼくがつかまえるはずだったのに…ああ、いっせんまんが…」

先生「健太君は勉強の方を頑張ったほうがよさそうだね…」

洋子さん「確か地下鉄サリン事件の人ね。オウムは、テレビで見ただけでも強烈な印象のある団体だったわ。」

先生「あそこは、全ての財産を寄付して出家する制度なんかが特徴の団体だったよ。在家の人も多かったけどね。」

健太君「そうだったのかぁ。ぼくのきちょうなゲームはなかなか渡せないぞ。」

洋子さん「出家方式なら基本在宅の創価学会と違って、会員を世間と隔離できるわけよね?」

先生「そうだね、信者への支配力を強くし易いやり方だよ。」

健太君「おお、すげー。すると、出家方式でない創価学会は信者を隔離できないんだから…」

洋子さん「…そうね。信者への支配力が弱いってことにならないかしら。」

先生「そこなんだけどね…体が隔離されてなくても、心はどうかな。」

健太君「どゆこと?」

先生「例えばさ、新聞、テレビや社会との接触でマイナス情報を見ても、こんなの「嘘だッ!」って思うようになってたらどうだい?」

洋子さん「都合の悪い現実を見なくなれば、出家方式(隔離)でなくても、似たような効果があるってことね。」

先生「心を人質に取ってるような状態だね。」

健太君「じゃあまず、人質解放しないとどうしようもないんじゃ…」

先生「そうなんだよなあ。」

洋子さん「うーん、ちょっと大変そう。」

先生「まずは本人が解除したがらないとはじまらないからね。」

無料ゲームと創価学会

先生「では、はじめます」

健太君 「え!?はじまるの?」

洋子さん 「久しぶりね、先生」

先生「うん、まあね。じゃあこれを見てもらおうか。」

日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC2011」でDropwaveの本城氏によって「ネットワークゲーム時代に求められる、ゲームプランナーの基礎知識」と題した講演が行われました。

本城氏: 本公演の趣旨を説明させていただきます。コンシューマゲームの開発者の視点から、オンラインゲームの開発、運営について話したいと思っております。

健太君 「やった、ゲームの話だね。ぼくつよいんだよ。」

洋子さん 「今日のお話も創価学会についてなのよね。」

先生「そうだね。まあ続けて読んでいってくれ。」

第3にコミュニティ要素の有無です。コンシューマゲームの場合は基本的に1人用です。しかしオンラインゲーム、ソーシャルゲームは、フレンドやギルドといったコミュニティ要素が必ず入ります。

オンラインゲームにおけるコミュニティ要素は、継続率を押し上げる非常に重要なファクターです。また、メール、掲示板、グループチャットなどのコミュニティを維持するための手段を必ず入れなければならないのも全くコンシューマゲームと違う点です。

具体的には「仲間と一緒に何かをして連帯感を高める」ということが非常に重要です。

なぜかというと、オンラインゲームのユーザーはたまたま無料だから入ってきただけで、また明日もプレイする理由は全くないんです。ただし初めてプレイしている30分間の間に人に話しかけられて、武器を強くしてもらって「明日うちのギルドに入ってくれよ」と言われて「分かりました」と答えたら、そこで約束が発生するので「明日も行けないと申し訳ない」「武器くれたし明日もやらないと申し訳ない」という気持ちが働いて、明日もまたログインしたくなるんです。

そのような人間関係の習慣を入れて継続率を上げる仕組みがオンラインゲームには必ず必要です。

健太君 「なんだか、よくわからないや。」

先生「じゃあ洋子さん。」

洋子さん 「わかったわ、コミュニティー要素を押さえることが創価学会の維持に必須ってことね。」

先生「そのとおり。」

洋子さん 「創価学会は悪い話も聞くけど、顔を合わせるこの人達はいい人そうってなるかな・・・」

健太君 「そう上手くいくのかなぁ」

先生「外にはいまいち効果あがってないね。でも・・・」

洋子さん 「内輪には効くってことなの。」

先生「効くね。」

健太君 「でもこれだけなら、なんとか耐えられるかも。」

先生「そう?でも、もう一つ加わったらどうかな?」

健太君 「えっ!?」

8番目に「コミュニティを活性化させること」。「仲間がいると有利になる」「助けてくれる」「プレゼントが贈られてる」というような仲間同士の協力の要素を入れることで、コミュニティは活性化します。あとMMOのようにギルド戦があったり、たまたま友達となった人とダンジョンに潜って「自分は魔法使いで君はナイトだからパートナーになってね」みたいな話をしたり、皆でダンジョンに潜って「今日楽しかったね」と盛り上がったり、ということです。

何故これが良いかというと、ゲームの中で知り合った仲間と関係を深めることで、その関係を切ることに罪悪感を覚えるようになって、長く遊んでもらえるようになります。

ゲーム自体にはちょっと飽きたんだけど「今俺が辞めると彼が迷惑するよね」と思って続けてしまう、というような感情を作り出すことが非常に重要です。結果的にLTVの最大化につながります。

洋子さん 「ここは罪悪感がポイントなのかしら」

健太君 「じゃあ罪悪感とかしがらみで離れにくくなって・・・」

洋子さん 「ズルズル活動したり、ズルズル(聖教)新聞とったりするの?」

先生「という風になると思う壺だよ。罪悪感のコントロールは宗教の得意分野でもあるしね。」

先生「でも一番のポイントはこういう風になってるって、当事者に自覚がないことだろうね。」

洋子さん 「うーん・・・やっかいね。」

先生「まあね、とりあえず、今日の話はここまでだ。」

健太君 「じゃ、ぼくはゲームに戻ろうっと。仲間がまってるし。」

成果で愛が遠くなる

健太君 「せんせい、創価学会のえらい人が成果主義にこだわるのは、どうして?」

洋子さん「せんせいは、前に日本文化の延長に、この団体の性質がある
     みたいなこと言ってるけど」

健太君 「じゃ、成果主義にこだわるのも、そうだからなの?」

先生 「それなんだが…こればっかりは、一番えらい人に関係があるなぁ」

健太君 「一番えらい人…会長じゃなくて、例のあの人だよね?」

洋子さん「組織を大きくして今の形にしたのは、例のあの人だものね」

先生 「そうだね、彼の性格が原因だと思ってるよ」

洋子さん「でも先生、例のあの人にあったことあるの?」

先生 「ないよ」

健太君 「えっ?それで性格わかるのかな」

先生 「ある程度はね。ところで新聞の一面にだいたい何が書いてある?」

健太君 「うーん、どこそこから顕彰されたとか、大勝利とか」

洋子さん「つまり成功や勝利をアピールしてるわね」

先生 「だけどね。彼が成功や勝利を望むのは、それによって物を買えるからとか、
   力が振るえるからということじゃ、ないんだ」

先生 「彼は、自分が空虚だとか、自分が無価値だとか、そう感じることを恐れてる」

根本的に彼は自分には価値がないと感じてる。

だから、

人が自分を称賛してくれるように、
人が自分を肯定してくれるように、

そのために大きな業績をあげてきた。

人にも営業用の自分、偉大な自分をアピールし、
自分自身にも、実際の自分じゃなく、
イメージの自分、偉大な自分をアピールしてきた。

彼は、達成するから自分には価値がある、
でなければ周囲の人々に見捨てられてしまう
と感じてる。

洋子さん「さみしいひとね」

健太君 「年末になると一杯お金あつめてるけど…
    本当はお金も欲しいわけじゃないってこと?」

先生 「最終的には業績で自分を飾ることが大事なの。
   飾らないと愛されないことになってるんだ、彼の中では。」

洋子さん「でも彼が本当に欲しいものは何かしら?」

先生 「ありのままの自分を愛してもらえること、になるね」

健太君 「業績で飾った姿を愛されても、本当に愛された感じがしないよね。
だって、成績だけ愛されても、成績が悪くなったらどうなっちゃうの?って思うもん」

洋子さん「ありのままを愛すっていっても、
     本人が取り繕ってたら、愛しようがないじゃない!?」

先生 「そうなんだよね、そこが彼の根本的な悩みなんだよ。」

健太君 「愛に飢えた男か…何かカッコイイかも!?」

いい子、わるい子

健太君 「せんせい、創価学会の人って、どんな子をいい子っていうの?」

先生 「まず、良い事、悪い事でわけたらこんな感じになるね。」

自分の頭で考えて行動→悪い事
上が決めたことに従う→良い事


自分で考えた意見を言う→悪い事
上の人の意見を自分の意見にする→良い事


健太君 「それじゃ、なんでも言うこと聞かないといけないじゃない!」

先生 「全部をコントロールできるわけもないけど、
    まぁ、大事なことほどそうなんだよ。」

洋子さん「なんだか、自立=非行って言ってるみたい。」

先生 「そうそう!いいこと言ったね。そのとおりなんだ。」

健太君 「それじゃ、脱会=家出とかどう?」

先生 「そのニュアンスも的確だよ。」

健太君 「だからタイヘンなんだね、創価の世界って…」

洋子さん「すぐ不良扱いになっちゃうのね…。」

『センセイ』と、創価学会の人のカンケイ

健太君 「せんせい、創価学会の人って、どんな人たちなの?」

先生 「健太君は、どんな人だと思ってる?」

健太君 「なんだか、ハッキリとは分からないけど…。」

先生  「じゃあ、一般的な人と比べて、どう違う?」

健太君 「えー…、うーんと…
    (イケダ)センセイって人の言いつけを守ったりしてるのかな?」

先生  「まあ、そうだね。」

洋子さん「そのセンセイって、学校の教室に居て、
     掛け算や漢字を教えたりしてる人?」

先生  「名前はよく似てるけど、学校の先生とセンセイは違うんだ。
    センセイは一人だから、会員みんなのトコに、いつも居たりしないでしょ?」

健太君 「じゃ、どうやってるの?いない先生のお話は聞けないんだよ。」

洋子さん「わたしのクラスでは、先生がいないときに、
     自習の時間になったことがあったけど?」

先生  「いいところまで来たね。じゃ先生がいないときに、
     クラスのみんなは先生の言いつけをちゃんと守ってたかな?」

洋子さん 「さわがしくおしゃべりになっちゃったり…」

健太君 「教科書の問題じゃなくて、何かほかのことしてた子もいたよ…。」

先生  「そうなるね。でも創価の人もそうなんだよ。」

洋子さん 「わたしのクラスは、代わりの先生が来たらすぐ静かになったよ。」

健太君 「ひょっとして、創価の人にも代わりの先生が来るの?」

先生  「正解!代わりの先生の事を幹部って言うんだ。」

健太君 「じゃ幹部の人が、あれやれ・これやれって言うんだね。」

洋子さん 「幹部の人が言うと、すなおに言うこと聞くの?」

先生  「そうでも無いな。代わりの先生が来たときどうだった?」

洋子さん 「しぶしぶ」

先生 「創価の人も、わりとしぶしぶなんだよ。」

健太君 「ところで、幹部っていうぐらいだから偉い人なんだよね。」

洋子さん 「給料いくらなの?うちのおとうさんより凄い?」

先生  「別に偉くないの。給料も0円なんだ。」

洋子さん「それじゃ、ゼンゼン幹部らしくないじゃない。」

先生  「その辺にいる幹部はそうなんだよ。
     でも、態度の大きさはちゃんと幹部級だよ。」

健太君 「いらないよ、そんなのだけ…」

洋子さん「…おことわりします」

地獄におちるって?

健太君 「せんせい、創価学会の人が、ちょくちょく地獄に落ちるって言うのは、どうしてなの?」

先生 「それはね。攻撃されたと思うからなんだ。」

洋子さん 「おかしいわ。なにも攻撃された様子もないのに言ってるのよ。」

先生 「ではどうして、攻撃されたと思ったんだろう。
    どんなときに地獄の言葉が出てるかな?」

健太君「なんだか、脱会の話のときに出てるみたい。」

洋子さん「会に、入る・出るだけの話で、どうしてそんなにコウフンできるの?」

先生 「あのね。創価学会的に脱会するということは、決定的に違う考えを持つということで、これは差異主義的な考えのもとでは、敵対行為なんだよ。」

健太君「脱会してなくても、活動してない人はたくさんいるよ。どうしてそれは敵対行為にならないの?」

先生 「脱会してなければいつか分かって貰えるという夢が見られるんだよ。」

洋子さん「またそれなの?なんでそんな夢が見れるの。」

先生 「活動家の人は、たいてい権威主義的で、
    そういう人は表面的なものに、凄くこだわるんだ。」

健太君「うーん。その分、内面的な部分には無関心なの?」

先生 「そう!驚くほどみんなの心を知らなかったりする。」

洋子さん「だから脱会するって言われないかぎり、甘い夢が見られる?」

先生 「そのとおり、それで落差が大きいんだ。創価スイッチが入る。」

健太君「わかったけど、じごくってケンカ売るような態度とらなくても…」

先生 「いや、活動家の方はケンカを売られてるって感じるんだよ。」

健太君「そうなの!それ、言いがかりだよ。」

先生 「脱会という言葉に苦しさを感じて、呪いの言葉を吐く。活動家本人は攻撃されたから反撃したつもりなんだ。」

洋子さん「うわ…」

小学生でもわかる創価学会のひみつ

健太君 「せんせい、最近、恋人が創価でこまるって相談をよく見かけるけど、どうしてこまってるの?」

先生 「どうしてだと思う?」

洋子さん 「将来が心配になるからじゃないかしら。付き合いはじめは良かったけど…って」

先生 「ではどうして恋人以外が創価なら心配にならないの?」

健太君 「うーん・・・。そうか!! 他人なら適当にあしらえるけど、
     恋人だと長期間濃い付き合いをするからじゃないかな。」

先生 「それはなかなかいいところに目を付けたね。通りすがりに勧誘されたり、選挙の時に電話がかかってくるぐらいなら、あまり深刻にはならないよね。希薄な人間関係だし。だけど、恋人とか、家族といった小さくて濃い人間関係の中に、創価学会が関わると、たいてい困ったことになるんだよ。

洋子さん 「あら、人間関係が濃いのはいいことよ。希薄な人間関係で困らなくて、濃い人間関係で困るだなんておかしいわ。」

健太君 「わかった。言わなくてもわかるだろうって感覚のせいだよ。」

先生 「なるほど。そういう感覚だとどんなことが起きるのかな?」

健太君 「そのうち創価をわかってもらえるとか言う甘えが出てくるんじゃないかな。」

洋子さん 「一般の人の方だってこのくらい言わなくても分かるでしょ!って甘えもでるんじゃない?」

先生 「いいところを突いてきたね。日本人は察しあう文化になれてるから、異質な相手と付き合うのは凄く下手なんだ」

健太君 「じゃあ日本人でない人は、どうやってイシツな相手とつきあってるの?」

洋子さん 「そうよね。察しあうのが通じないから、こまるんでしょ?」

先生 「主張しあう文化なんだよ。これがやりたい、あれが好き、自分はこう思う、愛してる…言わないと分からないというのが大前提になるんだよ。」

洋子さん 「えー、いちいち言わないといけないの?」

健太君 「うーん、なんだかワガママって言われそうな気がする。」

先生 「まぁ、伝え合うことを大事にしてるってことだよ。じゃあ今日はこの辺りでおしまい。」
注意事項

ねま

Author:ねま
注意事項
中傷行為や信仰賛美などは、コメントの禁止や削除したりします。
活動家の方へ : 読むと不快に感じる場合がありますので、読まないことをお勧めします。

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
Translation(自動翻訳) 縦型文字版
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。