スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに

はじめまして。
当ブログへのご訪問、ありがとうございます。

非活動2世学会員、ねまのアンチ創価ブログです。
ここでは創価学会と家族の問題について考えていきます。

疑問、質問、応援、実例などなど、コメントはどんどん受け付けますが、
返信は時期により、早かったり遅かったりします。

-目次-

■創価学会と直系家族制
第1回この国の家族制度が、創価学会を生み出した
第2回家意識に対応する、創価学会の「師弟不二」
第3回ナチズムと創価学会を支えたもの
第4回温存された家族制度・創価学会と、これを揺るがすもの
第5回シュレーバー症例に見る、創価学会教育の落とし穴
第6回創価学会の衰退について

■創価学会の海外展開を考える
第1回欧州編

第2回アメリカ編
第3回ロシア編
第4回中国編
第5回インド編
第6回イスラム世界編
第7回ブラジル編
第8回韓国編
第9回東南アジア編

■2009年衆院選
第1回敗因は? 2009年衆院選、公明党小選挙区全滅
第2回公明党比例区は、なぜ20議席に減らなかったのか?

■2010年参院選
参院選2010 公明党の議席はどうなる?
【速報】公明党、比例で敗北し2議席減。【2010参院選】

■2012年衆院選
【総選挙】公明党、選挙に勝利の一方で集票力は大幅ダウン。【2012衆院選】
【2012年衆院選】公明党小選挙区【選挙結果】

■2013年参院選
【速報】比例区公明党、議席横ばい、得票減【2013参院選】
【2013参院選】池上彰×佐々木さやか【選挙は功徳】

■2014年衆院選
【速報】比例区公明、得票少なめ、議席は多め【2014衆院選】
【2014年衆院選】組織票の公明党が安定当選【東京12区】

■2016年参院選
【速報】比例・公明党、有権者増も得票は横ばい、しつつ1議席増【2016参院選】

■小学生でもわかる創価学会のひみつ
小学生でもわかる創価学会のひみつ
地獄におちるって?
『センセイ』と、創価学会の人のカンケイ
いい子、わるい子
成果で愛が遠くなる
無料ゲームと創価学会
出家のオウム、在家の創価
ワクチン政策は、政党の宣伝には向かない

■創価学会と権威主義
創価学会を念頭に読む「権威主義の正体」
創価学会における権威主義の末期症状
自由主義的な子育てってどんなの?
権威主義的な子育て感覚
創価学会は属人思考的?

■外部
思い込み
リンク紹介1
リンク紹介2

■その他
Do you know SGI?
創価学会と覚醒剤
近所のヤブが困る、近所の創価学会が困る。
無用の用
エド・スィコータの言葉
謹賀新年
鬱について
あしあと記録帳
創価学会さまが許さない!
「日本的モラリズム」と創価学会
複雑酩酊
創価学会のルール意識
暑中見舞い申し上げます
言われるままになって育つこと
新年のごあいさつ2011
東北地震
鬱陶しい季節になりました
スポンサーサイト

あしあと記録帳

はじめましての挨拶
リンクしますねの連絡
簡単な質問や相談

などなど、

個別の記事にコメントしにくい方。

そんな方は、こちらにどうぞ。

東北地震

ねまです。
お久しぶりです。
当地は健在です。

読者のみなさんが無事であること、
そして、被災されたみなさんに、
無事に救助の手が届くことを願っています。

暑中見舞い申し上げます

暑い日々が続いてますが、
皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

私の方は、こんな感じでいます。
暑ネコ

ではまた

創価学会さまが許さない!

久々の書評です。

『世間さまが許さない!』という本を見つけてきました。

「日本的モラリズム」とは?

第一に、多くの日本人はあらゆる問題を、ルールやインセンティブ構造などの「システムの問題」としてではなく「モラルの問題」=「人々の心・意識の問題」として考える傾向を持つ。

例えば、「人々が持つ自然な欲求」(自由に持たれている内心)の存在を前提としつつ、行動についてはシステム(ルールやインセンティブ)でコントロールしようとするのではなく、その「欲求」自体を(内心の自由を認めずに)問題視したり変えようとしたりする――ということだ。

この、何でも「モラルの問題」として考えるということが、「日本的モラリズム」の第一の特徴である。


創価学会にも独自ルールもあるし、日本国のルールもある程度気にしてる。
でも、重視されるのは…ルールでなくモラルの方だね。

第二に(省略)



第三に(中略)日本人の多くは「憲法で保障された自由を認めずモラルを優先する」という傾向を持つ。

その典型が、「ルール違反でない他人の行動を、モラルを根拠として非難する」ということだ。

このため日本では、ルール上の拘束がないので自由だと考えて行動した人が、しばしば社会的非難を浴びる。

こうした、「モラル」を「超ルール的正義」とした「自由の無視」が、「日本的モラリズム」の第三の特徴である。


自由の無視ですか…創価学会の暗黙の掟ですよ。
憲法で保障された自由を認めないというのは。
特に思想・良心の自由(日本国憲法第19条)はあってはならないとされています。
「自由に」違った考えを持たれるといけない、ということですね。

第四に、「ルール」によって拘束されている「行動」について、日本人の多くは「民主主義のシステムで作られたルールを無視してモラルを優先する」という傾向を持つ。

その典型が、「ルール違反の行動を、モラルを根拠に正当化しようとする」ということだ。

このため、ルール違反の加害者が賞賛されたり、被害者が逆に社会的非難を浴びる、ということさえ起こる。

こうした、「モラル」を「超ルール的正義」とした「ルールの無視」が、「日本的モラリズム」の第四の特徴である。



ルール違反の行動を、モラルを根拠に正当化――
うわぁ…当たりです、賞賛されます。
「超ルール的正義」は創価学会にもしっかりと根づいています。


今回のまとめ

日本人の陥り易いパターンは、
創価学会において、一層濃く表れています。
その特徴は、モラルを最重視し、
自由とルールを軽視することにあります。

次回(「日本的モラリズム」と創価学会)へ続きます。



鬱について

最近では、創価学会内外問わず鬱が問題になっていますね。
そこで今回は、お医者さんが鬱になったらどうしてるのかを、
見て行きたいと思います。

※元のやり取りは、医療系ブログ『新小児科医のつぶやき』のコメントです。




暇人28号 2007/02/27 08:41

774氏様:

どうやら、私も出勤拒否になっています。
かろうじて病院にはたどり着きましたが、
病棟に上がれません。どうしましょうか。

ねま:まず暇人28号様のこのコメントからはじまっています。

続きを読む

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

旧年中は、当ブログの閲覧、拍手、コメントなど
応援ありがとうございました。
皆さんの反響は大いに励みになっています。

本年も、どうぞよろしくお願いします。

エド・スィコータの言葉

エド・スィコータは、極めて優秀なトレーダーです。

スィコータが運用した口座は、実に驚くべき利益率を記録した。例えば1988年中頃には、1972年に5,000ドルで始めた顧客の口座は25万パーセントを超えるまでになっていた。
ジャック・D・シュワッガー 著 『マーケットの魔術師』より

なにやら凄い実績ですが、
ここは投資をすすめるブログではありません。
しかし、この本のなかで特に印象深いインタビューがあったので、
今回はその一部を紹介しましょう。

Q トレードの決断を下す時、他のトレーダーの意見も取り入れますか、それとも完全に一人で考えるのですか。

僕はたいてい他のトレーダーのアドバイスは無視する。
「確かなこと」をつかんでいると信じているトレーダーのアドバイスは特にね。しかし、経験豊かな人が、もしかするとかくかくしかしかになるかもしれない、などと言う場合は、それが当たっていて早く起こることが多い。


ジャック・D・シュワッガー 著 『マーケットの魔術師』より


創価学会では確信をつかむという言葉がときどき言われるけど、
実際のところ確信は、思考を停止することによって安心をもたらす。

Q 負けるトレーダーが勝てるトレーダーに変身するには、何をすればいいでしょうか。

負けるトレーダーが勝てるトレーダーに変身できることはほとんどない。負けるトレーダーは彼自身を変えたいと思ってはいない。それは勝てるトレーダーがやることなんだ。

ジャック・D・シュワッガー 著 『マーケットの魔術師』より

もし、家族や彼や彼女が学会員だった場合、
その人は変わることができるのか?
何よりも本人が変わりたいと思っているかどうか、
これが一番大事になる。

無用の用

財務のシーズンです。


中国の古い言葉で、
「無用の用」というのがあります。
ねまとしては、
視点を変えて見れば、ときには役に立たないことも有用だ。
という意味で受け止めてる。

創価学会と距離を置いていこうとするなら、この考えは大切です。

具体的には、数字系(財務、聖教新聞、選挙、署名など)
の部分で役に立たずであることを心がけることになります。
会合の参加も広い意味では数字系と言えるかな。

あとは、報告・連絡・相談をしないとかね。


無用の用は老荘思想の言葉ですが、
老荘思想には、世俗から身を引くことで保身を図る面があります。

非活の人のためにあるようにも読める思想です。




もちろんこれはフェードアウトしていく時の話で、
できる事なら、スッパリと縁が切れるのが一番ですよ。




近所のヤブが困る、近所の創価学会が困る。

前回が長々とした記事になってましたので、
ここでひとつ、軽いものを書いておきます。

まずは、こちらをご覧ください。
小児科医のYosyan先生のブログより。

2008-02-20 ヤブ排除論に産科医が悲鳴
某所という事にしておきますが、近所のヤブが困るという話で盛り上がりました。ヤブと言っても少々腕が悪いというレベルの話ではありません。医師から見て、あれは問題と言うレベルの話です。おおまかですが、そこでまとまった困るヤブの定義として、

無謀な治療方針を強行、暴走して患者に被害をもたらし、その尻拭いを周囲の医療機関に押し付ける常習犯

とくに「常習犯」というところが重要で、同じパターンの被害例を量産するタイプと考えてもらえれば幸いです。医師にも失敗はありますが、同じ失敗を繰り返さないようにするのは基本だからです。

さらにと言っては悪いですが、ヤブと言っても繁盛しているヤブなんです。繁盛しないヤブは自然淘汰で消えうせるのであまり問題にはならないのですが、繁盛しているヤブにはこれを信用している患者がタップリいます。この辺は患者の視線と医師の視線の違いとしか言い様が無いのですが、現実はそんな矛盾する事が普通に起こっています。

繁盛しているヤブ
そんな団体を私もひとつ知っています。
皆さんはもう分かりましたか?
そうです、創価学会ですね。
最初から人気がなくて、繁盛しなければ
今ほどの迷惑団体にはならなかったんです。

「同じパターンの被害例を量産するタイプ」
創価学会も、このタイプですね。

Bugsy 2008/02/20 12:21
私は受験能力とヤブの発生頻度は関係ないと思います。まずは
思い込みの激しい医師
他人の意見に耳を傾けない頑固な性格を持つ医師
自分の診療に自信が強い医師
がなりやすいと個人的に感じます。
自信満々で語るがゆえに患者さんの信頼がまともな医師よりも強いといった現象もみかけます。

このくだり、
まるで熱心な活動家の例を見ているかのようです。
創価学会の場合は、もともとの性格だけじゃなくて
その上に、そういう方向に指導して(煽って)ます。
「創価学会」「思い込み」「激しい」で検索すると…
ほら、このとおり。
創価学会 思い込み 激しい の検索結果 約 147,000 件中 1 - 10 件目

「自信満々で語るがゆえに患者さんの信頼がまともな医師よりも強い」
この部分は分かる気がします。
患者の立場からすると、特に不安になっているときはなおのこと、
「こうしたら治ります」「これで大丈夫」
という風な、頼もしいことを聞きたい願望があるんですよねぇ。

しかし実際は、症例やデータ等から考えると、
ハッキリしたことは言えない場合が多いのでしょう。
そういった事実を元に誠実に説明すると、
患者としてはむしろ頼りなく感じてしまうというか。
かくして流行るヤブが続いていく…

創価学会の場合も、
自信満々で語る活動家は特にヤブ度が高い
と思っていたほうが良いですね。

Yosyan 2008/02/20 13:11
ヤブかヤブでないかの差はごく単純に見切り能力と考えています。普通の医師なら自分の能力、出来る範囲をよく心得ており、その範囲で診療を行います。この範囲は医療機関の能力にも依存しますが、これが広い医師ほど優秀としても良いと思います。

ヤブはその見切り能力が欠乏しています。見境なく突っ走り、なおかつ相当なところまで突っ走っても自覚がありません。ただヤブにも最低限の見切り能力はあり、極限近くまで至ってようやく「やばそうだ!」の感触が生まれ、周辺医療機関に丸投げします。

「見切り能力が欠乏」は活動家にもよくある事例です。
「出来ないことを出来ないと認める勇気」とでも言いましょうか
その勇気が大切です。












ちなみに、この記事には、現場の産科医の先生方から
ヤブを排除したら周囲の産科は共倒れになる という趣旨の、
悲鳴のようなコメントが多数寄せられていました。
産科情勢はとても厳しいようです・・・
注意事項

ねま

Author:ねま
注意事項
中傷行為や信仰賛美などは、コメントの禁止や削除したりします。
活動家の方へ : 読むと不快に感じる場合がありますので、読まないことをお勧めします。

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
Translation(自動翻訳) 縦型文字版
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。